錆びて色の剥げたマスターシリンダーを自分で再塗装

マスターシリンダーの塗装 FORZA

前回のガスバーナーで炙ってみた行為含めて、こちらもカスタム計画にしていた一つです。

FORZAの白化した樹脂パーツをガスバーナーであぶってみた

ニューマシン「FORZA」のカスタム計画

ま~、自家塗装と言ってもマスターシリンダーなんですけどね。(大袈裟??)

錆びて塗装がはげたマスターシリンダー

錆びが浮いたマスターシリンダー

サビも浮いて、塗装がくたびれてしまったマスターシリンダーです。

スポンサーリンク

マスターシリンダーの塗装

マスターシリンダー周辺のパーツを取外し

ヤルゾ~と意気込んで・・・

カバーを外します。

六角レンチとプラスドライバーだけでOK

ハンドル周りのパーツを取り外した状態

ここまでは結構すんなり(・∀・)♪+.゚

マスターシリンダー周辺の養生

なんの塗装でも養生が大変です。。。ρ(-ω- )≫XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~

ただ、ここを怠ると大変な事になりますので、慎重に・・・

マスキングテープを貼っているとちょっと気になるとこ発見

傷の入ったグリップエンド

傷の入ったグリップエンド

この際、せっかくなので取り外します

マスカーを駆使して養生完了

マスターシリンダーの塗装のために養生した写真

塗装するとこより、養生している面積の方が圧倒的に多いですが、そもそも塗装という作業はそんなもんです。

艶消しブラックの缶スプレー

たまたま自宅に眠っていた艶消しブラックのスプレー。

マスターシリンダーの塗装に使う艶消し黒のスプレー

それと、こちらはメッキ風に仕上がるらしい缶スプレー

メッキ風に仕上がる予定の缶スプレー

先ほどのグリップエンドをこちらで仕上げます。

マスターシリンダーの1回目の塗装

マスターシリンダーの塗装1回目

見るからにいい感じです。

マスターシリンダーの2回目の塗装

1回目の塗装の乾燥具合を確認しながら、2回目

マスターシリンダーの塗装2回目

1回目に丁寧に吹いたつもりでしたけど、吹き残しがありました。

やはり薄く吹き重ねるという作業は大事ですね。

残りはビス類も並べて塗装しました。

塗装の準備をしている小物類

 

 

養生のバラシ

後は乾いたあとに養生を取るだけです。

塗装を済ませて綺麗になったマスターシリンダー

あ、ブレーキフルードの窓取るの忘れたw

・・・

うん!!いいじゃん

錆びの浮いたマスターシリンダーも綺麗に再塗装完了

これでまたいい感じに^^

おまけ

マスターシリンダーの塗装が終わってパーツを戻していた気付きました。

よく見るとここにホンダウィングが。

ハンドルカバーにあるホンダウィングのマーク

塗ったろw

なんかこの調子の乗り具合が嫌な予感がするんです。

細かいところ塗るような刷毛も無く、そんなに都合よく塗料も無く。

たまたま車に乗せてた赤い缶スプレー。

後は爪楊枝。

赤い缶スプレー

使い捨てのプラスチック製のコップに塗料を噴射して液体にしてから、爪楊枝で色をのせていく。

最初は丁寧にやってたんだけど、爪楊枝じゃ線にしかならず思いきって・・・

赤くなったホンダウィング

うんw、やっちゃった感(;・∀・)

元に戻るかと、シンナーで拭いたところ・・・

塗装に失敗したホンダウィング

あちゃー(´・з・`)

ま、いろんな試行錯誤の後、なんとかこの状態。

再塗装したホンダウィング

最悪のパターンは回避できたものの、微妙に満足感が低いです。

また時間があるときにやりなおそう。

▽塗装絡みの記事です

バイクのホーンを交換する前にリフレッシュがおすすめ
車体は塗装して綺麗になりましたが、ホーンは錆びたままでした。なので錆を落として塗装をしました。リフレッシュ前後の比較写真をご覧ください。錆びたりして交換するくらいならDIYでリフレッシュしてみませんか。
XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販のオキツモのスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~塗装編~
XJR1200のエンジンを乗せたまま自家塗装に挑戦しています。塗らないところを養生した様子や塗装の進捗を写真で紹介しています。前後の工程へのリンクもあります。バイクのエンジンの塗装を検討されている方の情報になれば幸いです。

コメント