空冷エンジンならでは放熱を考えると塗装の下地は丁寧にやっときたいとこ

メンテナンス

巷では3連休ですが、私は2連休。

それでもシフト制の人だと連休なんかないわって人もいるだろうから、贅沢は言わずに・・・

明日は久しぶりにバイクを磨いてみようかと。≫バイクの磨きあげ計画もメンテナンスの一つ

 

スポンサーリンク

いよいよエンジンの塗装の準備

せっかくスイフトブルーでおめかししたのに、エンジンが塗装剥げてたんじゃ可哀想だから。≫XJRの全塗装の色の記事

空冷エンジンの造形美は好きなんだけど、また剥がれちゃうのが心配なんだよね。

 

エンジンの古い塗膜は落とす

可能な限り古い塗膜は落としたいです。

古い塗膜の上に塗装を乗せて綺麗に塗っても、肝心の古い塗膜が剥がれてしまっては結局元のハゲハゲエンジンに逆戻り。

出来れば電動工具が使えればいいんだけど、手作業になるんだろうね。

とりあえず左側からやるつもり。

右側しくじったら多分泣く。

左だからいいってわけじゃないけど。

 

ミッチャクロンはどうだろう?

大抵塗装の下地にはプライマーといって塗装面と塗料の密着を良くするものを塗るんだけど、エンジンの場合どうなんだろう?

ミッチャクロンっていうのがプライマーに当たるんだけど、ミッチャクロン自体の評判は結構いいんですよね。

塗装の乗りにくいアルミなんかにも乗せることが出来るみたいで。

 

耐熱塗料

このブログでも何度も取り上げてきた耐熱塗料。

評判がいいのはホンダの半ツヤブラック。

でもちょっと高いっぽい。

続きます。≫ XJRのエンジンの塗装の剥げを解消するべく、市販の耐熱のスプレー缶を使って自家塗装に挑戦しました~準備編~

 


▽いつから言ってることだろうね^^;

エンジンの塗装が剥がれが気になる
エンジンの黒い塗装がはがれてきてて気になっています。 空冷エンジンのXJRは、水冷エンジンのバイクに比べエンジン本体の温度が上がりやすく、熱での伸縮で塗装が剥がれやすいそうです。 空冷ならではの宿命というヤツなのでしょう...

コメント