XJR1200修理の為入院~結果は燃料コック付近からの燃料漏れ~

メンテナンス

去年の暮れにFORZAが返ってきたと思ったら、今度はXJR。

さすがに20年が近くなってきた愛車はメンテナンスにお金が掛るお年頃です。

 

スポンサーリンク

原因特定のため入院

入院させる理由は、現段階では全くもって分かってないのですが、エンジンに何かが垂れた跡が付いてて、それを調べるための入院です。

全然急がないんで、ゆっくり預かってもらうように言ってます。

この際メンテナンスも見直さないと

あとは車検も近いんで、ブレーキフルードの交換とか、一度キャリパーをばらしてもらってブレーキのピストンなんかメンテナンスしてもらってもいいなと思ってます。

私の愛車には輸出仕様のFJ1200のパーツを組み込んでいるんで、純正のフィーリング忘れましたけど中回転から高回転域のパワーフィールは結構楽しいです。≫XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

ただ、走ることより止めることの方がはるかに大事なんで。

他人から見たら時代遅れのバイクで古びて見えることでしょうが、「憧れたバイクに乗っていられること」「維持できること」というのは、私にとってそれだけで幸せな事です。≫XJR1200乗りの私がXJRの好きなところを語る

今年は数えで42の大厄の年ですので、乗るのも控えながらしっかり磨いてやろうかと思っています。

何はともあれ、ケガすることなく1年を過ごしたいと思っています。

燃料コック付近からの燃料漏れ

さて、XJRの入院した原因がわかりました。

どうも、燃料コック付近からの燃料漏れ・・・だったらしいです。

上の写真の中央付近に赤くなったボルトがあるのがお分かりいただけますでしょうか??

写真を白黒にしてしまったので非常にわかりにくいですけど、他の部位にも赤くなったパーツがあったんで、当初から燃料漏れは疑ってたんですけどね。

まあとりあえず一度交換しておけばこの先当分安心ですから、交換しておきます。

こういう時に付随するものを交換しておかないと、再々修理することになるんで、ついでに燃料ホースとかも交換してもらっとこうかな?

ホースぐらいはタダみたいなもんだろうし。

そのうち、1台買えたね?っていうくらいお金掛かったりしてね。

それにしても燃費が悪かったのはそのせい?

燃料漏れのため、燃料コックまわりが一新されてXJR1200が帰還
先月入院したXJRが無事退院。≫XJR1200修理の為入院~結果は燃料コック付近からの燃料漏れ~ 燃料漏れが原因で、コック周りを全交換しました。 「治ったんで持ってきますね~」という連絡があったのはその2週間後。~続きを読む~

▽XJR1200に起きたマシントラブルのまとめ

XJR1200のマシントラブル集
私の愛車XJR1200に起きたトラブルをまとめてみました ブログを書く前のものもありますので、すべてではありませんけど、症状が近いものがあれば参考にしてみてください。 クラッチ FJ時代から引き継ぎ、XJR1200、XJR~続きを読む~

コメント