バイクのチェーンの掃除は面倒がらなくても大丈夫!

チェーンクリーナーを吹きかける メンテナンス

バイクのチェーンって掃除してますか?

結構細かいし、かと言ってチェーングリスがついてるし、普通なら手ごわいパーツの一つですよね。

チェーンの手入れって「めんどくさい」と感じる人は多いと思います。

そういう自分自身も気付けば悲惨な状態になってまして、久しぶりにチェーンの掃除をしてみました。

スポンサーリンク

汚れが蓄積した掃除前のチェーン

前に手入れしたのはどれくらい前だったんだろう・・・

バイクのチェーンの掃除前

スプロケ側も悲惨な状態になってます。

チェーンの掃除にはケミカルが必須「チェーンクリーナー」

チェーンクリーナーは潤滑油などで有名な呉工業のチェーンクリーナーを使用しました。

チェーンの掃除をするケミカル呉工業のチェーンクリーナー

裏の説明が気にもシールチェーンなどにも安心して使えますと書いてあります。

高価なチェーンクリーナーなどもありますけど、これだとホームセンターでも安価に手に入るしおすすめです。

ちなみに近くのホームセンターで税別498円で購入しました。

バイクのチェーンの掃除の方法はとっても簡単

チェーンにクリーナーを吹きかける

あまりにも汚れが酷いので、全体にまずクリーナーを吹きかけました。

掃除をする前にチェーンクリーナーを吹きかける

これだけでも結構きれいに落ちますが、それは表面的なものだけなので、まずはサッと吹いときましょう。

チェーンの下はクリーナーが垂れますから、段ボールなどで汚れないように養生しておくのをおすすめします。

チェーンクリーナー自体が結構流れるので、トイレットペーパーで吸いこませました。

チェーンの下をダンボールで養生

歯ブラシでチェーンの間を掃除

歯ブラシでチェーンを掃除

なんだかんだと、使い古しの歯ブラシは優秀です。

写真は分かりやすいように表面を取ってますけど、チェーンのコマの間にたまったグリスやグリスについた砂ぼこりなどを落としていきます。

クリーナーが効いているので簡単に汚れが取れます。

チェーンを歯ブラシで掃除した後

一通りきれいにしたつもりです。

そしてここから気持ちのいい時間・・・

この汚れを一気に落とします。

チェーンクリーナーで汚れを落とす

上の写真で汚れが落ちるイメージつきますか?

一気にきれいになります。

チェーンの掃除完了

この後スプロケを含めてもう少し掃除したんですけど、写真としてはひとまず掃除完了。

雲泥の差です。

チェーンの掃除後

チェーンを掃除する効果

チェーンの掃除ですから、リアタイヤを回しながら掃除するわけですけど、掃除が進むたびにリアタイヤを回す力がどんどん小さい力で回るようになるんですね。

どれだけ汚れてたんだって言われそうですけど、これだけ重たいホイールを回す抵抗が減るという事は燃費にも跳ね返ってくるはずです。

燃費改善のケミカルを使うくらいなら、チェーンを掃除した方が効果は高いと思います。

チェーンの汚れが垂れたら

一応チェーンの下を養生したつもりだったのですが、掃除をする真下しか養生しなかったので、他のところから垂れてしまいました。

コンクリートの垂れたチェーンの汚れを掃除する

まあ、いずれ消えるかなと思ったんですけど、見つかったらうるさそうなので掃除しとこうと思います。

まずパーツクリーナーを吹きかけます。

垂れたチェーンの汚れをパーツクリーナーで掃除

パーツクリーナーが揮発するまでにトイレットペーパーで吸わせてやるとこの通り。

コンクリートに垂れたチェーンの汚れも掃除して解決

若干残ってますけど、するとしないとでは全然違います。

チェーン掃除の反省点

三面ブラシを準備してなかった

結構思い付きで始めたので、チェーン掃除の必須アイテム3面ブラシを準備してませんでした。

歯ブラシでは毛が短く届きにくいところもあり、チェーンのコマの奥の方がきれいに出来ませんでした。

そんなに高いものではないし、初めて挑戦する、結構汚れてるという人は準備しておいた方がよいかと思います。

センタースタンドを立てる前に養生する

センタースタンドを立てる前に地面を養生すれば、今回の様に地面のコンクリートを汚すことはなかったと思います。

また、センタースタンドのない車種だと、メンテナンスローラーは必須ですね

まとめ

久しぶりに掃除して思ったのは、コマの奥にも想像以上に砂ぼこりが付着してるなという事でした。

もちろん、その状態でチェーンは高速で回転するわけですし、チェーンを含めスプロケを削っていくわけですからそれはチェーンの寿命に跳ね返ってきます。

チェーンの手入れというのは、汚れが酷い部分でもあり、面倒なところですが、ケミカルを使うことで、想像するより簡単に掃除が出来ます。

そうそう、最後にはチェーングリスをきちんと吹いておきましょうね。