JRイン帯広から明日はいよいよ日本最東端を目指します

今は出発前に予約した帯広のビジネスホテルに滞在しています。

このブログのコメント欄でもちょくちょくやり取りしていた「めん」さんとお酒を飲みに行っていました。

いろいろと道内の情報だとか、北海道独特の気候だとかとても新鮮な話ばかりで、とても楽しい時間でした。

さて、明日はいよいよ日本最東端を目指すのですが、今このブログは、宿泊しているビジネスホテルで借りたレンタルパソコンで更新をしています。

ビジネスホテルとは思えないような快適なホテルですのでご紹介します。

スポンサーリンク

帯広のビジネスホテルなら駅前のJRイン帯広

このJRイン帯広の系列ホテルとしては、函館、札幌、札幌南口、千歳、旭川、そしてこの帯広の計6つのホテルがあります。

枕が選べる

まずチェックインして一番最初にびっくりしたのはこれです。

枕が選べること。

JRインの選べる枕コーナー
画像は公式から引用 > JRイン帯広

ビジネスホテルの枕って高すぎたり柔らかすぎたりして、馴染めないという人もいると思うんですよね。

少なくとも私は、ビジネスホテルなんかの枕で寝ると、寝グセが酷いことになるので、朝もう一度頭を洗うようになるんです。

このJRイン系列のホテルでは、1回のロビーに7種類の枕が準備されていて、自分の好みの硬さのものが選べます。

  • ソフトパイプ
  • ポリエステル綿
  • マルコビーンズ
  • 羽毛
  • 低反発炭パイプ
  • テンピュール社製コンフォートピロー
  • JRインオリジナル枕

この中で私は硬めの枕を選択しました。

コインランドリーで洗濯ができる

ビジネスホテルには大抵コインランドリーはあるんですけど、こちらでも洗濯が1回200円、乾燥機が10分100円で利用できます。

でも、コインランドリーっていつ終わるかわからないし、部屋との行ったり来たりになる人もいると思うんですよね。

そこでおすすめなのがJRインラウンジ。

JRインラウンジで漫画が読み放題

同じフロアにラウンジが設けられていて、そこでは2000冊のマンガや雑誌が読み放題

JRインラウンジでマンガが読み放題
画像は公式から引用 > JRイン帯広

利用時間も15時以降25時まで、6時半以降10時までと通常のチェックイン後からチェックアウトままでの時間が利用できるので結構おすすめです。

パソコンが借りられる

こちらもビジネスホテルでは初めての経験でした。

レンタルパソコンが、1泊1000円(税別)で利用できます。※2020年3月時点で税込み1100円。

レンタルする際に身分証明書の提示が必要になりますが、自室でゆっくりブログの更新をしたり、翌日以降の調べ物するにはかなりありがたいサービスです。

ちなみに、このパソコンを借りて紋別のビジネスホテル「オホーツクパレス」を予約しました。

大浴場やサウナもあり

私はお酒を飲んで帰ったので利用しませんでしたが、大浴場やサウナも完備されています。

ただ、時間制で男女入れ替えにつき、時間の確認はしっかりしてから利用しましょう。

バイク置き場は機械式駐車場のまえ

ネットの口コミにもあったのですが、バイクはホテルの裏側にある機械式の立体駐車場の前に置くことができます。

JRイン帯広の駐車場
バイクは屋根の下に置けるので濡れる心配はなかった

屋根があるので濡れることはなく、カッパや荷物の脱着などで濡れる心配はありませんでした。

ただ、人の出入りがどの程度あるのかわからないので、防犯的にどうなのか?というのはちょっと不安でもあります。

決済は各種カードOK

支払いは国内では主要な「VISA」「マスターカード」「JCB」はもちろん、「ダイナーズ」「ニコス」「DC」「UFJ」カードの利用も可能です。

スポンサーリンク

ビジネスホテルからの出発で最東端を目指す

この快適なホテルを経験してしまうと明日以降のギャップに悩みそうですが、改めて明日は最東端を目指したいと思います。

急がずあわてず安全運転で、不要なお土産(青やら赤やらの切符)をもらわず帰れるよう気をつけます。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
北海道ツーリング
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました