ツーリングの準備は前もってしておこう。出発前に慌てると事故の元

今朝は布団の中が程良くて、ついつい寝過してしまいました。

朝一番でチェーングリスや荷物の最終チェックをするつもりだったのに、あわてふためいて家を飛び出ました。

おかげでベルトは忘れるし、カードは忘れるし・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ツーリング前にはチェーングリスも忘れずに

ただ、チェーングリスだけは時間のない中できちんと吹いて来ましたよ^^

ツーリング前の最後の準備チェーングリス

チェーンの手入れにセンタースタンドはあると楽

こんな時センタースタンドがあるとラクチンです。

とりあえず、時間を見つけてもう一度チェックして、忘れ物があれば買い出しに行っときたいと思います。

荷物の積載チェック

とりあえず荷を積んだらこんな感じです。

ツーリング中のカウルの様子

バイク用のバッグが欲しいんですけど、ロングツーリングに出る機会もあまりないから買えません。

でも、これって絶対テールカウルに擦り傷とか入るんですよね。

別に路上を走るものだから少々の傷にごちゃごちゃいうつもりはないんだけど、過去の経験上、このネットの磨れた跡って結構目立つんですよ。

そこで北海道の猿払で出会った山口のライダーさんがやってたのをマネしてみます。

ネットが擦れそうな場所に養生テープを貼ってみます。

ツーリング中カウルに傷が入らないように養生

う~ん、かっこ悪い・・・ま、これで後荷を乗せてネット掛けたときにはもう少しなじむでしょうか??

せめて透明のフィルムの方がいいなぁ

これも準備不足の賜物・・・

出発前の準備は事故の元

探しものではないけど、出発前にこんなことがあると、バリ伝の秀吉が事故死した回のこと思い出してしまいます。

知らない方もいらっしゃると思いますので簡単にあらすじを紹介したいと思います。

バイクマンガ「バリバリ伝説」でカタナ750を操る秀吉が、朝出発前にカギをなくし探し物をします。

秀吉の妹は不吉な予感がするから走りに行ってほしくないと願いますが、結局峠で転倒したバイクを避けたところで事故。

帰らぬ人になりました。

バリバリ伝説11巻 第1部完

別に峠を攻めるわけではありませんが、朝の貴重な時間を気にしながらバタバタすると、遅れた時間を取り戻そうと気が焦るから、ついついオーバースピードになったり、確認がおろそかになったりしがちになります。

バイクに乗ったときこそ、というのもおかしいけど、常に安全運転を意識して行って来たいと思います。

思い出のカタナ

最近は刃を見かける機会が減っちゃいましたけど、つい先日「刃1100」を見かけました。

タンクより大きいあのエンジンとかやっぱりかっこいい。

私が乗ってた刃400とはやっぱり別モンですね。

最西端の神崎鼻を目指して山陽道でまずは徳山まで出発
会社を早退して一路今夜の目的地、徳山まで向かいます。 9月の半ばですので日中はまだまだ暑いです。 山陽道で一路徳山へ 高速道路での...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めん より:

    おー⁈たろうさん。入れ違いて旅立ちでしたかぁ♪( ´▽`) 道中気をつけて。BlogUP楽しませて貰ってます♪