北海道のツーリングで屈斜路湖と猿払で出会ったライダー

北海道ツーリング

いよいよ道東も終わり、道北での出会ったライダーとの記事になります。

たった5分10分といった立ち話の中で、いろんな刺激を受けつつ、やっぱりバイクっていいなぁと、いつも実感します。

きっとそんな思いをしたことのある人は少なくないはずです。

自分自身も、出会った相手にそう思ってもらえるようなライダーでありたいと思います。

スポンサーリンク

屈斜路湖で出会った3人組の道産子ライダー 12~14人目

今回も3人組だったので一気にカウントします。

歳は結構若かったです。

向こうからさわやかにあいさつをされ、私は「あ~さわやかな若者だね~」と思ってしまった・・・(なんというおっさん発言><)

いろいろどこから来たのか聞いてると、旭川から朝7時ごろ出て、ここまで約260kmだか240kmだか走ってきたって行ってたと思います。

200kmって言ったら広島から下関まで行ける距離。

半端ね~な、道産子ライダー・・・。

先頭走ってきたと思われるライダーがZRX1200、次がCB1300SF 最後の女の子がドラッグスター?かなんかの250でした。

正直ね、250アメリカンでリッターネイキッドに付いてくのって結構しんどいんじゃないかなって思いました。

彼女はまだ免許取り立てらしく、顔から「走ってて楽しい」がすごく出てたのが印象的でした。

美幌峠から降りてきたようですので、天候を聞いたんですが、霧がすごいんでわざに合羽は脱がない方がいいですよって教えてもらいました。

3人ともすごくバイクが好きなのが伝わってきて、生活の中心にバイクがあった当時の自分と重なって、一晩アツく語ってみたいなと思う方たちでした。

猿払で出会った山口県からのライダー 15人目

北海道の地名ってなかなか読めないんですけど、ここも読みにくい地名ですね。

さて、感動のエサヌカを超えて、お食事処やませでお会いした山口のライダー

この方が知床羅臼で出会った山口のライダーさんと同じフェリーで上陸された方です。

なんでも私の勤め先から数キロのところまで、通院のため奥さんを頻繁に連れて行ってたよって言ってました。

なぬ?

確かに岩国と広島って県こそ違えど、確か川一本で県境があるレベル。

どこかですれ違っててもおかしくないわな。

買い物も、広島市内(ローカルネタですが廿日市、五日市)まではよく行くし、ナップスも再々行くよって言ってました。

お~~~、ってことは、私がナップスに行ったときにお会いしてる可能性もゼロじゃないですなw

なんでも息子さんが去年北海道ツーリングされたそうで、いろいろ経験談を生かして準備をしてきたそうです。

あえて言えば、荷物が多く取り回しが面倒になることを嫌ってCB400で来たそうなんですが、大型のフェザーで来ればよかったと後悔されてましたね。

息子さんは今年から就職し、当分は一緒に回れないぞって言われたそうで、

子供に時間がある時は自分に時間がない
自分に時間が出来たら子供の時間がなくなる

て言われてたのがとても印象的でした。

ま、御自分は早期退職したって言われてたと思いますから、この先は息子さんに併せてまた来ればいいですね。

フェザーにOVERレーシングのマフラーつけてるから、見かけたら声かけてねって言われて別れました。

今後山口方面は私のツーリングコースの一つになりそうな気がしてますので、お会いする可能性はありそうです。

 

▽寄せ書きフラッグの作り方

ライダーの皆さま出会ったら寄せ書きフラッグに応援コメントお願いします

▽寄せ書きフラッグの全貌

北海道ツーリングの思い出を詰め込んだ寄せ書きフラッグの全貌

コメント