運転免許の写真撮影の時に気にしている、数秒で出来る3つのコツ

写真を撮られる前に出来ること

免許の写真って、基本的に笑ってたらダメとかあるんで、人相悪く写りがちです。

なのでどうしても人に見せたくない写真になってしまうんですよね・・・。

実際、免許の写真って一発勝負だし、どんな風に写っているのかなんてわからない。

メガネが目に掛かってるとか、まばたきのために目をつむったとかが無い限りそのまま免許の写真に。

まして、この先3年、5年と使うのだから、少しでもまともに写りたいのは当然の事。

ということで本題に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




イスに深く座って背筋を伸ばす

これは次に書くことにもつながってくるんですけど、浅く座ると猫背になりがちです。

猫背になるとあごが上がります。

軽くあごを引く

そう、背筋を伸ばすと自然とあごを引いた体勢になります。

集合写真とかで、カメラマンが言ってたこと無いですか?

「はい、軽くあご引いて」

多分あごを突き出した体勢と言うのはだらしなく見えてしまうんですよ。

目はワザと軽く見開く

細目になっているとどうしても人相が悪く写りがちです。

そうでなくとも目の印象は人相に大きく影響しますので、これは結構大きいと思います。

あくまで自然な表情の範囲内で。

これだけでもかなり変わると思いますよ。

シャツの襟を正す

襟の丸まったシャツとか、襟がくたびれたTシャツとか。

あとはボタンのかけ忘れとか、掛け間違い。

やっぱりこの先何年も使う写真にはふさわしくないかと。

その他

頬を膨らます、萎ます

私の体質的にあまり太らないのですけど、年々更新の時に痩せているようで、頬がこけてました。

あまりやせすぎていても貧相に見えますし、こちらも顔の形が変わるほどではいけませんが、痩せて頬骨が目立つ人は口の中を膨らますように、逆に太ってる人は逆に口の中をすって萎ますようにするといいかもしれません。

下唇を軽く噛む

私、個人の顔の特徴なんだろうけど、見た目の印象はそうでもないんですけど、どうも普通に写すと、下唇が大きく写って見えてかっこ悪い。

大袈裟ではないけど、見ようによっては下唇が突き出たように見えてしまう。

下唇を小さくするくらいのつもりで、本当に軽く噛んで写すとまぁそれなりに。

女の人は化粧の色に気をつかう

私は男なので化粧のことはわかりませんが、免許の写真は蛍光灯のような白い明かりで写真を撮ります。

また、免許の背景って大抵「青」ですよね。

あまり白くするような化粧だと、光の反射も手伝って顔が青白く写ってしまう可能性があります。

青白くなってしまうと、不健康そうに見えたりするんで、化粧はほどほどにしたほうがいいのかもしれません。(テキトー)

ま、ほとんどは撮影直前の数秒でできることなんだけど、免許の更新が近い人は鏡の前やスマホの自撮りで試してみてください^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めん より:

    なるほど…次回に気をつけてみよ!
    って、オイラみないに元々の人相はどうにもならないよねぇ(´Д` )b 笑