支笏湖からきのこ汁を食した後、サミットの地洞爺湖へ

レンタルバイクを借りてから札幌の街中を抜けるのに一苦労しました。

相変わらず、知らない街中は知るときにはナビがあるとつくづく楽だなぁと思いましたよ。≫北海道で1週間ツーリングするならナビ?地図??

さて、札幌を抜けるとそこは本当に日本なの?と疑いたくなるような快走ロードでした。

途中、早速の雨に降られ、ハーレー二人組みや、小樽から来た125ccのバイクの人達と一緒に雨支度をしました。

スポンサーリンク

支笏湖

すでにこのあたりから眺めのよさや走りやすさなどで、テンションMAXでしたが、支笏湖で最初の休憩です。

札幌に住むライダーはちょっとそこまででこの環境が整ってる所に住んでるのって羨ましいなあと思う反面、北海道の冬は寒く長いですからね。

どちらがいいの?という気もしなくはないです。

レンタルバイクのCB1100

レンタルしたCB1100ですけど、想像以上に乗りやすいです。

足付きもいいし、寝かしやすいし。

とてもリッターバイクといった大きさや緊張感も感じずに乗る事ができます。

また、この空冷のフィンの造形美。

やっぱり空冷好きですね。

吸気もインジェクションのおかげか、ホンダの技術かエンジンも滑らかに回るし。

でも、やっぱりXJRのざらついた感じのほうがフィーリングは好きですね。

まあ、好みの問題です。

日本一売れているきのこ汁

この付近に数件あるみたいなんですが、1杯100円という安さと休憩を兼ねて立ち寄ることにしました。

道民ライダーさんというブロガーさんにも紹介してもらったのですけど、本当にきのこたっぷりで、これだけの量のきのこを一気に食べたのは初めてかもです。

個人的にはもう少し熱くてもよかったな。

ごちそうさまでした~^^

洞爺湖

さて、知らないと読めない字ですよね。

こちらは2008年にサミットを行われて以来、私の中で有名になった場所です。

△こちらが洞爺湖サイロ展望台

ここのちょっと前にも道の駅があるんですが、こちらで見られれば道の駅には立ち寄ることなかったなって思います。

展望用のヘリコプターがあるんですが、10分くらいで12,000円の料金でした。

カップルが乗り込んでいきました。

ここから最初の給油を済ませて高速へ向かいます。

そうそう、この付近で北海道の交通事情の洗礼を浴びました。

というのも、私が走っていたのは「雪だるま0km/h」くらいで、景色を眺めながら流せるくらいのスピードだったんですけど、後ろから来た車に抜かれました。

大型バイクがですよ?

原付の頃はまだしも、中型以上に乗り出して以来、車を抜く事はあっても向かれる事はなかったですからね。

もちろん高速道路とか車線道路なんかでは別として。

ただし、スピードの出しすぎには十分注意しましょうね。

楽しいツーリングが台無しですから。

美しい五稜郭の形状を五稜郭タワーに登って上から見てみた
函館といえば五稜郭。五稜郭タワーの料金は少々高いものの、この形状を上から一望できるのはおすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする