札幌のゲストハウスで出会った外国人の旅人たち

北海道ツーリング
最後は初日と同じ札幌のバックパッカーの宿INO'SPLACEです
外国人が数名いましたが、ビジネスホテルでは味わえない旅というのも楽しいですよ。

元に戻って札幌、このシリーズも終了です。

ここでは外国人4人に囲まれての国際交流ww

ino's placeで出会った外国人旅行客

スポンサーリンク

イスラエル

上から行くと、イスラエルから来た女性は村上春樹の世界に憧れて来たって言ってました。(通訳談^^;)

本人の口からもハルキムラカミって言ってたんでそうなんでしょう。

≫ 札幌で出会ったイスラエルから来たの女性のことを思い出す

韓国

そして韓国から来た男性。

日本人と韓国人の間には大きな隔たりがある、日本がどういう国なのか自分で見に来たって言ってました(通訳談^^;;)

韓国と日本の間には確かに領土問題をはじめ、幾多のトラブルがあるのは確かですが、彼のように日本がどういう国か自分で見に来たなんて発言を聞くとは思ってなかったので、ちょっと驚きました。

こちらもコリア、ジャパンといいながら身振り手振りしてましたから嘘じゃなさそうです。

台湾

台湾から来た女性は富良野や美瑛に行ってラベンダーが見たいって言ってました(通訳談^^;;;)

彼女も身振り手振りを見る限り間違いなさそうですw

ちなみに彼女は不動産業で仕事してたらしく、私が建設業だよって言うと「近い近い」って言ってました。

英語がわからず「build house(だったかな、buildは聞こえたんだけど??)」「architecture」とかみんな行ってたんですけど、一応architectureってことにしましたw

ま、嘘ではないし。

マレーシア

最後、マレーシアの彼は1週間程度の予定で山に登るって言ってましたね。

熊が出るより、飲み水の確保が心配って言ってたのは印象が強かったです。

彼が唯一通訳をしてくれました。

外国人の旅人に共通すること

さて、彼らに共通する事は、基本的に満足に日本語がしゃべれないことです。

そういえばクリオネであったフランス人の人たちもかたことでしたよ≫フランス人旅行者とのやり取り

日本人って基本的に日本語の通じる国へは頻繁に観光しに行ってる感じですけど、そうでないところへはなかなかパックとかで旅行するって感じではないでしょうか?

イスラエル、韓国の二人はまったく日本語を発しませんでした。

あ、かろうじて「こんにちは」くらい言ってたかな?

最近ではスマホで通訳してくれるんで、さほど言語の壁を感じないそうですが、それにしても同じ状況で単身外国へ行く勇気あります?

私はないですね。

日本人は圧倒的に言語にコンプレックスを持っている人が多いです。

彼らに言わせれば英語より日本語の方が難しいそうです。

「あいうえお」は46文字あるし、それにひらがな、カタカナ、漢字まである。

敬語というレベルまで行くと、英語ではPleaseだけだけど、日本語はいろんな言い回しするしとても難しい、これはここにいた外国人すべてに共通することでした。

まぁ世界の共通語は英語ではなくボディランゲージなんですけどねw

あと、戦争のこととか日本人があまり興味示さないことなんか、結構まじめに考えてましたね。

日本人の悪いところ

あとね~、イスラエルと台湾の女性が連絡先を交換してたんですけど、

「何で日本人は連絡先を交換しないのか?」

みたいなこと言ってた。

要するに日本人は閉鎖的過ぎるって事が言いたかったようなんです。

みんな真顔で私のほうを見てきたんですけど・・・なんでだろうね。

やっぱり言葉の壁が大きすぎるってのも一つでしょうね。

この交流会に11時過ぎまで付き合ったのですが、その後はまだ続いていたようです。

翌朝、マレーシアの彼が「寝過ごした、乗り遅れた」って韓国の彼と話していましたから。

どちらかと言うとこちらから望んだというより、巻き込まれた感が強かったですけど、こういう経験もなかなかいいな♪

 

コメント