周防大島の片添ヶ浜キャンプ場のコテージで泊まってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
片添ヶ浜オートキャンプ場 バイクなしチョイ旅行

土曜日、定時ダッシュで退社し、自宅へ。

一路周防大島へ。

実はこの周防大島、私が今のXJR1200を買って最初にプラッとツーリングをしたところでして、結構いいところという印象でした。

なので改めて家族と行ってみました

 

スポンサーリンク

片添ヶ浜キャンプ場

地図

 

アクセス

山陽道の玖珂インターから標識に従って大島へ。

定時に会社を出たのに、大島に着いた頃にはすっかり日も暮れていました。

▽大島大橋です

周防大島に掛る大島大橋

そこからず~っと海岸線の国道437号線を走って行くと「片添ヶ浜海浜公園」という標識がありますので、そちらに従って進んでいきます。

近くのスーパー・ホームセンター

我が家はなかなか準備周到というのが出来ないものでして、行きの道中ピクロス大島店にて食材を確保しました。

同敷地内にはホームセンター「ジュンテンドー」もありますし、酒類を扱ってるお店もあります。

駐車場も大きいですが、メイン道路から1本入ってるのでわかりにくいかもしれません。

 

スポンサーリンク

片添ヶ浜キャンプ場のコテージ

着いたのはすっかり夜だったこともありますが、すでにBBQをしているキャンパーをよそにコテージへ入室。

到着も遅かったこともあり、途中のスーパーで手に入れた食材で鍋をして、簡単に食事を済ませました。

料金

4人用13,370円
6人用15,420円

私たちの利用したコテージは車いすでも利用できるように、バリアフリーとなっており、トイレやシャワーもバリアフリー化されています。

室内には2段ベッドの他、キッチンや食器類も準備されていますので、手ぶらでOKです。

テラスから眺める瀬戸内海は絶景

また、特筆すべきは、コテージにはテラスも設けられており、昼間そこから眺める景色はとても素晴らしいです。

こちらはキャンプ場から歩いて降りた海水浴場。

片添ヶ浜オートキャンプ場のコテージから眺める景色のイメージ

高台のコテージからは、さらに好条件でこの景色を眺めることが出来ます。

綺麗な星空

子供たちも寝入った夜中起きだして、星空の撮影。

う~ん、久しぶりにこんなに星見たよ・・・

本当に北極星を中心に回るんですね

う~ん・・・綺麗^^

おっと、飛行機が・・・

テント・タープ乾燥サービス

我が家はコテージを利用したのですが、キャンプへ行って一番困るのが、テント撤収時の雨ではないかと思います。

こちらのキャンプ場ではテントが乾いてから発送してくれるという、何ともありがたいサービスを提供していただけます。

お値段も1,000円(タープは500円)とお安いですし、特にマンション住まいの方などはありがたいのではないでしょうか。(別途着払い送料を負担する必要があります)≫ 管理人のブログ参照

料金の改定、サービスの中止ということもありますので、事前に確認してみてください。

スポンサーリンク

片添ヶ浜海水浴場

翌朝・・・

片添ヶ浜オートキャンプ場から歩いて行ける海水浴場

海も綺麗だーーー

 

スポンサーリンク

周防大島を一周

帰りは同じ道を通る気にもなれず、島を一周する形で反対周り。

う~ん、冒険しくすぐる景色です。

あれ?海に立つ鳥居といえば・・・?

やっぱり厳島神社wちなみにここは山口県です。

この後は錦帯橋、山賊に寄り、早めの晩御飯を食べて帰りました。

ここから少し、パラパラと雨に降られましたが、そこそこ天候にも恵まれ楽しめました

関連キャンプ場記事

豊田湖畔公園キャンプ場!ケビンの前でBBQしながらもまもなく日没

緑水湖オートキャンプ場は大山を一望でき、夜は満点の星空で満足

岡山県「のとろ原キャンプ場」は温泉も併設されたおすすめのキャンプ場

 

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクなしチョイ旅行
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました