山口ドライブスポット~角島・元乃隅稲成神社と龍宮の潮吹き~

龍宮の潮吹きと日本一入れにくい賽銭箱のある元乃隅稲成神社バイクなしチョイ旅行
バイクなしチョイ旅行

昨日のキャンプの続き。≫ただいま豊田湖畔公園キャンプ場!ケビンの前でBBQしながらもまもなく日没です

翌朝、6時半ごろ大きな声でしゃべってるご婦人方。

大抵、キャンプ場なんて6時も回れば許されるような時間帯ではありますが、それにしても大きな声でした。

すっかり目が冴えてしまったので起きて、キャンプ場を散歩。

昨日は気付きませんでしたが、思ってたより大きいキャンプ場でした。

ケビンも多く、なかなか快適でしたね。

やはりまだオフシーズンなのか人も少ないし、良かったです。

朝はパンで簡単に済ませて8時半には出発。

スポンサーリンク

絶景です!角島大橋

目的地はここ、角島。

広島からだと角島は山口の真反対にありますから、近い様でなかなか時間が掛るんです。

角島大橋

実は最近自分が「橋フェチ」という事に気付きました。

のちに行く和歌山のくしもと大橋もなかなかでしたけど、ここはさらにその上じゃないかなぁ≫名道50選の一つ「くしもと大橋」でテレビCMの撮影に遭遇しました

季節によってアクセスには注意

夏場になると海水浴客が増えます。

10年以上前に知り合いとツーリングできた時はそのため大渋滞。

この時期はそうでもなく、角島を堪能できました。

角島灯台

ここは初めて。角島灯台

角島にある灯台
角島灯台

入館料が200円で登る事が出来ます。

大体60段ぐらいだったでしょうか?

もちろん眺めは良く、角島の綺麗な海が見渡せましたよ。

角島灯台からの見晴らし
角島灯台からの海方向の眺望
意図的に作られた海沿いの施設
角島を訪れた多くのツーリングライダー

ツーリング客を見かける度に「俺も単車で来ればよかった・・・」と思いましたね。

角島ウェディング

2つ上の写真の場所がどうも意図的に作られてるよねぇって思って調べてみたのですけど、どうも結婚式の撮影なんかもこの角島で行われたりするみたいですね。

どこへ行っても絶景が臨めますから人気なのは分かる気がします。

しおかぜの里角島

白い砂の浜辺と綺麗な海。

googolemapでも「しおかぜコバルトブルービーチ」と出てるだけあって、とても美しい・・・

やっぱり角島へツーリングはしたいバイクで来よう

気候もよく、上の写真でも多くのライダーさんが訪れていましたので、この美しい景色をバックに、走るライダー達を流し撮りに挑戦。

ZRX(手前はV-max)

角島から帰るライダー

・・・

角島から帰るツーリングライダー

ハヤブサ

バックには角島のコバルトブルービーチがあるツーリングライダー

・・・

海が綺麗な事で有名な角島

V-max

九州方面からもツーリングに来る角島

ハーレー・・・?

ライダーのツーリング先に人気の角島

うん、難しい。

冒頭でも触れたように、夏の海水浴シーズンはとても混んだので、もう一回海水浴シーズンを外してツーリングに来うと決めました。

スポンサーリンク

伏見稲荷大社を思わせるたくさんの赤い鳥居がある元乃隅稲成神社

角島を出発して向った先、それが元乃隅稲成神社です。

ここは以前知り合いが行ったみたいでLINEのタイムラインにも載せてて少し気になった場所でした。

ここの見どころは何と言っても、京都の伏見稲荷を思わせるような多くの赤い鳥居が立ち並ぶ神社で、何でも、アメリカのニュース専門放送局・CNNで「Japan’s 31 most beautiful places “日本の最も美しい場所31選” 」に選ばれたらしいです。

伏見稲荷のような鳥居

写真ではとても多くの鳥居が見えると思いますが、伏見稲荷ほど数には及ばないようです。

アクセス

私は角島方面から、国道191号線から県道66号線を経てやってきました。

注意する事は、ここへ行く道は狭い上、県道66号線を外れてからは事実上の一方通行です。

駐車場もほとんど無く混むので、時間に余裕を持って行くことをオススメします。

ナニコレ珍百景でも紹介された「入れにくい賽銭箱」

日本の番組「ナニコレ珍百景」でも、「入れにくい賽銭箱」として紹介されたらしいのですが、その入れにくさといったら・・・

どこにあるかと言うと??

元乃隅稲成神社の入れにくい賽銭箱

鳥居の・・・

元乃隅稲成神社の鳥居にある賽銭箱

ここ△

結構難しかったですよw

龍宮の潮吹き

そして、ここにあるのが、「龍宮の潮吹」と呼ばれる場所。

龍宮=乙姫、乙姫のしおふ&’()・・・失礼しました。(;^ω^)

龍宮の潮吹ビューポイント

カタカナでビューポイントって、初めて見た気がします。

撮影スポットとかのほうが言葉的にはしっくりするような・・・あえて避けた感が否めない気がしますww(大汗)

冗談はさておき、潮吹きの仕組みは、波の力で横から打ちつけられ時に、つながったタテ穴から吹き上げられるという単純なもの。

そう、北海道にも似たようなのがありまして・・・それがフンベの滝。→フンベの滝での事

逆流する滝

こちらも、逆流する滝ということで、太平洋側から

打ち付けられた波が

道路の下の水路をくぐって

打ち上げられる

っていうはず。

チャンスがあれば廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)ってやってみようかと思った私は、聖闘士星矢世代。

さて、ここからあの橋を通って帰っていくんだけど、なんか車で来たのがもったいないくらいの秘境感を感じる場所。

そういえばツーリングのライダー見かけなかったな…。

潮吹きスポットを出て、いよいよ帰宅の途へ。

この時点で13時、まっすぐ帰っても16時過ぎ。

スポンサーリンク

千畳敷

帰りの道中にふと目にした標識「千畳敷」

千畳敷って日本各所に点在してるみたいで、この山口もその一つ。

元乃隅稲成神社からも近く、龍宮の潮吹きと違って駐車場も整備されてますのでおすすめのスポット。

山口県の千畳敷

海が見渡せる千畳敷はと~っても気持ちの良い風も吹く心地よい場所で、広い芝生でたくさんの人が遊んでました。天候次第で芝に寝っ転がるのも気持ちいいでしょう。

また、この近辺の道路は車も少なく快適に走れそうです。

和歌山の千畳敷≫南紀の温泉街「白浜」は見どころいっぱい

美祢市の別府弁天池

その次に行ったのが弁天池。

名水百選にも選ばれる弁天池

弁天池ではエメラルドグリーンの池がとても綺麗でした。

ジャン!!

コバルトブルーの弁天池
コバルトブルーの別府弁天池

この色。

googlemapの口コミでもこの色の綺麗さを感動するコメントが多く寄せられていますけど、水も透き通っていて超キレイ。

名水百選にも選ばれているところで、駐車場付近にある水くみ場で無料でくんで帰れますので、お近くに行かれる予定がある時は水筒やペットボトルのようなものを持参されてはいかがでしょうか。

偏光レンズフィルターで池の底を撮影

池の底が見渡せる弁天池

実はこの写真、偏光レンズフィルターをつけて撮ったものです。

普通に撮ると水面で反射して写しにくい水の中も、このフィルターをつけることで写せるようになるんですね。

安物なので、どこまでどうか分かりませんけど。≫偏光フィルター買っちゃったー

あとは、青い空とかでもフィルターをつけて調整すれば、一層青く写せるみたいですけど、まだそこまで試した事はないです。

あまり高くないので、試しに買ってみてもいいと思います。

美祢インターから30分くらいでしょうか?角島方面に行ってみたときには是非足を伸ばしてみてください。

本当ならこの後、名道百選にも選ばれている秋吉台のほうを走って帰ろうかと思いましたけど、子供たちも退屈し始め、自分も明日の仕事のこととかあったので、直接帰宅。

久しぶりにこんなに車運転したな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました