下蒲刈島から始まるとびしま海道はツーリングやサイクリングにもおすすめ

下蒲刈から見上げる安芸灘大橋 日帰りツーリング

しまなみ海道は広島の尾道と愛媛県の今治市を結ぶ道で全国的にも知れ渡っていますが、広島県にはもう一つの海道がありまして、それが今回ご紹介するとびしま海道となります。

広島から安芸灘大橋を渡ったところに下蒲刈島という島があり、こちらがとびしま海道最初の島になります。

島自体は海岸線長17km足らずの島ですが、知らなかった見どころもありました。

スポンサーリンク

下蒲刈島の地図

下蒲刈島の見どころ

松濤園|朝鮮通信使資料館 御馳走一番館

現在では日本と何かとギスギスしていますが、過去へさかのぼれば日本と朝鮮というのは何かと関係があったようです。

確かに米などは中国、朝鮮を経て日本に入ってきたと言われていますしね。

そんなことから、この街では毎年10月に朝鮮通信使再現行列というイベントが行われています。

例年では第3日曜日に行われているようですから、2018年は21日ごろになるかもしれません。

蒲刈大橋

松濤園のとなりにある駐車場から写真を撮らせていただきました。

これがのちに渡ることになる蒲刈大橋です。

下蒲刈島から蒲刈大橋

しげ島

海岸沿いを走っているとふと看板を発見しました。

下蒲刈島しげ島

サイクリストが島の時間を感じるために。
恋人たちが2人きりの時間を楽しむために。

偶然立ち寄った方が、ただのんびりするために。

しげ島を利用します。

吊りでのご利用はお控えいただけたら嬉しく思います。

地権者の了承で実施しています。

ただの岩なんですが、周りの道の道の往来はほぼ皆無ですし、恋人同士まったりするのに邪魔する人はいませんよ。

ちゃっかり二人掛けのいすに座ってきました。

とびしま海道の下蒲刈島にあるしげ島に上陸してみた

この動画は、もらったアクションカメラで撮影したものですが、手持ちだとブレますね。

バイクでツーリング動画撮るなら十分なアクションカメラを手に入れたよ

なみおと岬

こちらはなみおと岬。

こちらにもしげ島と同じいすが2脚準備されてまして、潮騒を聞きながらまったり出来ます・・・が私が言った時には車を入れて釣り竿を3本もセットしてる人がいて残念でした。

まあ島外の人かもしれませんし、しげ島と違い注意書きはなかったですが、座れるはずのいすの前にセットされてたのでちょっと残念だったな。

 

安芸灘大橋

下蒲刈から見上げる安芸灘大橋

実は以前からこのアングルは狙ってました。

障害物もなく安芸灘大橋が一望できます。

下蒲刈島のレンタサイクル

この下蒲刈島には自転車を貸し出すサービスがあります。

しまなみ海道はすでに官民協力のもと、自転車の愛好家からも「サイクリストの聖地」と呼ばれるまでになっていますが、とびしま海道ではまだまだ認知度が低いようです。

ですが、バイクで走ってみて感じたのは海沿いを走れ、アップダウンもほとんどないことから、うまく町おこしをしていけば、きっとしまなみ海道のように認知されるんじゃないかと感じました。

レンタサイクルの料金

大人用子供用
3時間1,000円500円
8時間2,000円1,000円

これらのほかに、乗り出し、乗り捨てといったことにも対応してくれます。

公式サイトはこちらからどうぞ。≫ コテージ梶ヶ浜

まとめ

距離にして20キロにも満たない道中ですが、しげ島やなみおと岬といった場所が設けられており、ぜひレンタサイクルでも楽しんでみたいと思いました。