しまなみ海道の大三島へ竹原の忠海からフェリーでツーリングしてきた

大三島の海辺をツーリング日帰りツーリング
日帰りツーリング

真夏真っ盛りですが、しまなみ海道の大三島までツーリングへ行ってきました。

大三島へのアクセス方法は高速道路で行く方法とフェリーで行く方法がありますが、今回はフェリー。

これが結構割安で足を伸ばしやすいのじゃないかと思うのでご紹介します。

スポンサーリンク

忠海からフェリーにバイクを乗せて大三島へ

ツーリングの出発地は広島県竹原市にある忠海港。

忠海港のフェリー乗り場

そう、ここはうさぎ島へ渡るフェリーのあるところ。

大久野島へ渡る人の多くはうさぎだったり残された廃墟が目的かと思いますけど、今回の大三島の盛港(さかりこう)へは、そのうさぎ島を経由することで行けます。

大三島フェリーとしまなみ海道の料金の比較

こちらが忠海港と盛港間の料金

大人370円
自転車120円
125cc以下260円
750cc未満390円
750cc以上510円
参考:大久野島までは大人360円

私の場合には1200ccなので、大人370円とバイク(750cc以上)が510円、合わせて880円。

忠海港と盛港の往復のフェリーチケット

大久野島までのフェリー料金が360円であることを考えると、大三島までの料金はかなりお安め。

むしろ大久野島までの料金が高いとも?

しまなみ海道で西瀬戸尾道から大三島まで渡ろうとすると、ETCの休日割引が入って軽自動車料金830円、通常料金は1,780円というお値段なので、ETCが付いてないとか平日に行くのであればこちら経由がおすすめ。

大三島フェリーとしまなみ海道との時間の比較

しまなみ海道の西瀬戸尾道から大三島への所要時間は約30分。

一方フェリー航路も30分(直通便は25分)とさほど変わらないことから、使い勝手はいい航路。

ただ、これは単純に海を渡るだけの時間なので、どこからアクセスするかによっても変わってきますし、時間に縛られないというのも高速道路のいいところ。

スポンサーリンク

大三島のおすすめツーリングコース

島の左半分は交通量すくなめ

大三島も小さい島ではありませんけど、車やバイクなら1時間そこそこで回ってしまえます。

そして大三島は右側にしまなみ海道が接続している関係で比較的車が多め。

大三島のツーリングスポット

一方で左側半分は車が空いているので、かなり走りやすいと感じると思います。

大三島では大山祗神社でヘルメットのお守り

今回はるばる大三島まで来たのはヘルメットのお守りを購入するため

何でもここにしか売っていないというヘルメットのお守りは200円。

この春にヘルメットを新しくしたことによる購入です。

海を眺めながら高台のワインディングを走る

大三島の左側の山間部を走っていると、高台で海が見えるところがありました。

そこで興味のあったインターバル撮影というのに挑戦

大三島の海が見えるところでインターバル撮影してみた

カメラの自動撮影モード(インターバル撮影)をセットして、その前を何度も往復することで走っているところを撮影したんですけど、かなり運任せのところがあって難しかったです。

ソロツーでもバイクで走っているところを自撮りする方法
自分がバイクで走っている所を撮影してみました。基本ソロツーの私には自動でシャッターをきる必要があり、今回はインターバル撮影を駆使して撮影してみました。

マーレグラッシア大三島で夕日を眺めながらお風呂

ツーリングスポットというわけではないのですが、以前この大三島にある憩の家に泊まった時お風呂に入りに行きました。

隣には伯方の塩の工場があるということで塩風呂などもありましたけど、一番は露天風呂が海側にあって、夕方なら夕日を眺めながらお風呂に入れるところ。

私は目が悪いためにメガネを外して入るので見えませんでしたけど、もしも興味があればどうぞ。

スポンサーリンク

帰りはとびしま海道もおもしろかったかも

今回のツーリングの最大の目的はお守りを買うことだったので、忠海港で往復切符を購入しましたが、この島の航路は他にも。

それは宗方港からとびしま海道の岡村島に続くフェリー。

しまなみ海道ととびしま海道がつながるところ
とびしま海道へはこの宗方港からのフェリーでアクセスできる

ただ、とびしま海道は安芸灘大橋でフェリー料金が再度かかるので、忠海へ抜けた方が安い…かも。

いずれにしても、忠海(竹原)~盛港(大三島)フェリー代だけで往復1,760円というと決して安いことはないかもしれないけど、島ならではのゆったりした時間を楽しいむのであれば結構とあり。

ぜひ一度足を運んでみては?

しまなみ海道の大三島にある大山祗神社の「ヘルメットのお守り」
愛媛県の大三島にある大山祇神社にはライダー、サイクリストに嬉しいヘルメットのお守りが売ってます。とても小さいので、ヘルメットの中に取り付けることが出来ます。ライダー、サイクリストへのお土産にもどうぞ。
とびしま海道の岡村島には大三島とつながる航路あり
とびしま海道最後の島となる岡村島は最果て感を感じる静かな島でした。ここへはしまなみ海道の一つ、大三島につながるフェリー航路もあり、将来的にもサイクリストを呼び込める島になるといいですね。
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました