大久野島へ渡る目的はうさぎか廃墟の二つ

うさぎがたくさん大久野島バイクなしチョイ旅行
バイクなしチョイ旅行

スポンサーリンク

大久野島へのアクセス

大久野島の玄関口となる忠海港

大久野島は完全に独立した島。

橋などを使ってはいけないのでフェリーを使ってアクセスします。

こちらは本土竹原市の忠海港。

料金は大人が360円に子供が180円となかなか手ごろなお値段。

車は大久野島では使えないのでおいていった方が無難。

駐車場はフェリー乗り場近辺に準備されているので、あまり困ることはないと思います。

しまなみ海道にある大三島の盛港からもアクセス可能

忠海港はフェリー乗り場からうさぎ一色に染まってますが、じつはしまなみ海道の大三島からもアクセス可能で、この大久野島を経由する航路となっています。

私も以前この島へアクセスしたのは日本一周をしていたライダーさんといった大三島側から。

ブログで知り合った日本一周中のライダーを招いてみました
春先からブログを見つけてからずっと追いかけてたブロガーさんがいました。ブログを通して誠実そうな人柄を感じ、「広島に来る際にはぜひお立ち寄りください」と伝えていました。ZRXダエグ乗りの日本一周ブロガー先週金曜日、埼玉より日本一周中の~続きを読む~
スポンサーリンク

大久野島へ渡る目的はうさぎか廃墟の二つ

うさぎがたくさん大久野島

フェリーを降りると、国民休暇村まで行く無料のシャトルバスがあります。

数分ですけど、歩いていくと大変なのでシャトルバスをおすすめ。

国民休暇村ではレンタルサイクルもありますが、2時間で600円となかなかのお値段。

そこで島内を歩いて回ることに。

ホテルに泊まることもできます

大久野島のうさぎたち

まずは大久野島といえばうさぎ。

もふもふのうさぎたちに癒されてください。

島内いたるところにうさぎがいて、あちこちで観光客からエサをもらってます。

なのでとても人なつっこい。

ちなみにフェリーのチケットを売ってる土産物店で買うと200円、となりの待合所で買うと100円です。

一説には毒ガス工場のあったこの島で、いち早く毒ガスに察知されるために連れてこられたなんていう噂がありましたけど、後にきちんと否定されています。

大久野島は廃墟マニアにも人気のスポット

そしてこちらには戦時中毒ガス工場があったことから、あちこちに古い廃墟となった施設があります。

現在は立入禁止でロープが張られたところもありましたが、まずはこちら。

廃墟感MAXの発電場跡

すでに老朽化が激しく、立入禁止とはなっているものの、柵のそとからでもその廃墟具合は見てとれます。

北部砲台トンネル

すでに柵がされているので当時の姿はピンときませんけど、こちらも廃墟感はなかなか。

長浦毒ガス貯蔵庫跡

ここには毒ガスが貯蔵されていたのを戦後火炎放射器などで処分したとか。

廃墟という名の負の遺産

こういった廃墟というのは確かに私もワクワクする気持ちはあります。

ただそこに隠れた歴史というものは決して高揚するようなものではなく、我々の先祖が必死に戦ったあとでもあります。

山口の火の山公園もそうでしたけど、こういった高台で見晴らしがいい場所というのは比較的軍事基地が作られたところなのかもしれませんね。

関門橋や下関の夜景は火の山公園がおすすめ
ライトアップされた関門橋と下関の夜景を楽しむなら火の山公園がおすすめ。夜景スポットで気になる防犯などは大丈夫?
スポンサーリンク

大久野島がうさぎ島というのは本当だった

子どもが小さいころテレビでやってて知ったこの大久野島がうさぎ島だったというのは本当でした。

本当ならもっと早く連れてきてやりたかったのですが、すでに一番下の娘も小4。

フェリーの中では幼稚園児くらいの子供もいるなかではかなり遅い。

でも、帰りの車の中で妻と話していて「子供が小さい時に来てたら俺らもがっつり疲れてただろうねwww」という意見は一致。

せめて小学生になるまでは、抱っこをせがまれて親の方が大変かもしれませんね。

大三島にはヘルメットのお守りを売っている神社があります
しまなみ海道をツーリングの際は「ヘルメットのお守り」を手に入れよう
愛媛県の大三島にある大山祇神社にはライダー、サイクリストに嬉しいヘルメットのお守りが売ってます。とても小さいので、ヘルメットの中に取り付けることが出来ます。ライダー、サイクリストへのお土産にもどうぞ。
竹原市は秋の小京都と呼ばれる街
「マッサン」や「たまゆら」の舞台になった安芸の小京都 竹原
NHKの連続ドラマ小説「マッサン」やアニメ「たまゆら」の舞台となった竹原。安芸の小京都とも言われ、風情のある街並みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました