DIYでエコカラットをコンセントがあるところに貼ってみた 

DIY

DIYでエコカラットで床の間をリフォーム。貼り方や道具をご紹介の続編でございます。

枚数を計算間違いしたため、前回は正面だけ貼ってやめました。

正面だけでも雰囲気はガラッと変わっていい感じだった気がします。

さて・・・

前回までの片付けで接着剤の付いた道具を洗うのが結構手間だったことを考えて、今回は少し大袈裟に道具を養生します。

前回、上と下にエコカラットをカットしたものを貼ったという話をしています。

それの理由がこれ。

コンセントのある部分のエコカラットの切り方

スポンサーリンク

エコカラット(タイル)の割付方

そもそもエコカラットに限らずタイルというものは、端っこに極端に小さなものが入らないように割り付けます。

単純な割付の仕方としては、壁の真ん中から貼り始めるか、壁の真ん中をタイルでまたいで貼っていくかのどちらかです。

下の図は幅780㎜の場所に割り付ける方法です。

エコカラットの割り付け方

左の図ですと左右に87㎜のエコカラットが入りますが、右の図だと234㎜のものが入ります。

※本来はあらかじめタイルの割付計画を行いますが、リフォームなど現地が出来ている場合、ここに窓があったりすると、どこかを犠牲にして小さなものを持っていくとか、現場サイドではいろいろ苦心するところです。

スイッチやコンセントのある壁のエコカラットの割り付け方法

根本的にはご説明したような割り付けの仕方になるのですが、壁には邪魔なものもあります。

それがコンセントやスイッチです。

コンセント部分の割り付け方法

コンセントはだいたい床から250㎜程度の場所が芯に来るように取り付けられています。

そこへエコカラットの目地が来るように考えて割り付けをすると、苦労せずに張り付けることが出来ます。

下の図をご覧ください。

コンセントのある壁のエコカラットの割り付けの方法

下の60㎜は巾木部分を示していますが、巾木の上のオレンジの部分には190㎜に切ったエコカラットからスタートしてやると、上部は29㎜の小さなエコカラットが入ることを示しています。

天井と壁の角に廻り縁が入っている部屋の場合には、まあまあちょうどよいサイズになるはずです。

ない場合には一番下の190㎜を219㎜にしてコンセントの芯をずらすことで全体が綺麗に見えるはずです。

ちなみにエコカラットの多くは303㎜という寸法が基本ですが、たった3㎜と言って無視すると、上の図のように7枚重なれば2cmもの差を生みますので注意が必要です。

スイッチ部分の割り付け方法

ちなみにスイッチはだいたい1250㎜から1300㎜くらいに取り付けられるのが一般的です。

コンセントを中心に割り付けをすると、スイッチは下の図のような位置関係になりますので、スイッチは縦の目地で割り付けを考えると比較的楽に施工できると思いますので、考え方の一つとして理解しておいてください。

スイッチのある壁のエコカラットの割り付け方法

 

コンセント部分の貼り方

コンセント部分のエコカラットをカットする

すでにタイルも切った後ですが、タイルの真ん中に開けることを嫌って、割り付けをこの位置にしてます

切り方は両側を手ノコで切って、その間を普通にカッターの刃を通して割るだけ。

コンセントのある部分のエコカラットの切り方

ちなみにこのノコは引き回しと呼ばれるノコギリですが、ど真ん中開けるよりも安全で簡単でした。

実際には刃が痛むので、あまりたくさんは切れません。

ど真ん中に来た場合は難しいですが、不可能ではありません。

こちらの記事を参照してください。≫ コンセントがエコカラットの真ん中に来た時の切り方

狭い部分の貼り方

今度は貼り付け。

コンセントの脇がちょっとしかなくてボンドが塗れない・・・

コンセントのある部分のエコカラットの貼り方

こういうときは、タイルに塗ります。

エコカラットに付けられた接着剤

後の手順は同じように切って貼るだけ。

・・・

・・・

エコカラットを使った床の間のリフォームが完成

床の間をエコカラットでリフォームした写真1

床の間をエコカラットでリフォームした写真2

苦労したコンセント部分もこの通り

コンセントのある部分もエコカラットがきれいに貼れた

ま、上出来でしょう^^

この後片付け、掃除をして、無事作業終了~

エコカラットのグラナスルドラで玄関にあるニッチをDIYしてみた
前回和室の床の間の壁をエコカラットでリフォームしたら、思いのほか雰囲気も良くなったので、今度は厳寒にあるニッチをリフォームしてみる事に。DIYでエコカラットで床の間をリフォーム。貼り方や道具をご紹介エコカラットのグラナスルドラ第2段はこちら
色違いのエコカラット「たけひご」市松貼りして脱衣所をDIYリフォーム
今回はエコカラットのたけひごを使います。以前から持っていたものと今回購入したものは色が合わないので、それをごまかすためにも市松模様で貼ってみました。エコカラットの真ん中に来たコンセントもうまく穴あけが出来ました。
結露や臭いで悩む玄関にエコカラットを貼ってみた
我が家の中で結露に悩む玄関。また玄関は靴などの臭いを放つものもありますし、エコカラットの効果は大きいと期待して壁一面をリフォームしてみました。

コメント