1週間の禁酒生活を振り返って。飲まない習慣を作る事は出来る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お酒

気付けば、試しに晩酌を抜いた生活をはじめて1週間になります。

飲酒を避けているのは先日も記事にした通りです。≫家族崩壊も待ったナシ!!アルコール依存症は本気で怖い

 

スポンサーリンク

禁酒生活

さて、酒の無い生活ですが、こんな事を書いていました。

禁酒生活2日目

最初に・・・禁酒ではない。

最近ダラダラと飲むことが多くなり、これではいけないと思ったからであって、「今晩は飲む!!」かも知れない。

 

晩酌という行為は日常の習慣だから、習慣になっている晩酌をしないという事は非常に手持ち無沙汰を感じました。

何か落ち着かず、気持ちを落ち着けることに心が乱れるというちょっとした禁断症状です。

禁酒生活3日目

昨日はカミさんが風でダウンしたので、子供の晩飯等々家事をしてました。

6時半頃に帰って、晩飯支度して、片付けして、風呂、洗濯。

気づいたら9時もとうに回ってそこから自分の時間。

何か物足りなさを感じながら、せっかくこの時間まで我慢したんだからと自分に言い聞かせてお茶飲んで気を紛らわしたりと、2日目のイライラほどはなく、就寝出来ました。

あくまで酒を辞める訳ではないんだけど、一人で毎日飲むのは控えようかなぁというだけ。

1週間を振り返ってみると・・・

やはり最初の数日は何していいか分からずイライラしましたが、先週末は妻が3日も寝込んでくれて、子供の守りとか飯の準備に追われていたので、さほど苦に無く過ごせました。

今は回復してくれたのですが、妻のありがたみが分かる反面、妻の要領の悪さとか、段取りの悪さがとてもよくわかりました。

スポンサーリンク

禁酒生活のヒント

これはそれぞれ違うかもしれませんから、一つの参考程度にしてみてください。

私の場合には、帰って一番に酒を口にしてたんですけど、酒断ちを始めてからはまず夕飯を食べることにしました。

ご飯物を食べると、必然的に酒への欲求が紛れます。

食後はお茶でも飲んで、水分を補給するだけでも酒が欲しいと思う時間が短くなります。

かといって、お茶なんかではアルコールの刺激には物足りないので、まだまだ飲みたいですけど。

禁酒する方法として炭酸水をつかって飲酒習慣を回避してみた

スポンサーリンク

まとめ

どちらしても晩酌というのは生活の中に染み付いた、生活の一部ですからこれを切り離すのはなかなか難しいです。

ただ、社会人としては酒のない生活というのは出来ないでしょうから、今後も酒の量を控えつつ、酒に使ってた時間を別のことに挑戦してみようかな?と思っています。

 

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
お酒
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました