30代のうちにやっとけば良かったと思う3つこと

今回はちょっと真面目なネタで記事にしてみたいと思います。

最近は30代の頃とだいぶ生活習慣を変えつつあり、その中で30代の頃にやっときゃ良かったってことを列記してみたいと思います。≫人生を楽しむためにも「やりたいことリスト」を挙げてみよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク




飲酒習慣の改善

まずは何につけても飲酒週間の改善ですね。

飲酒に関しては先日も記事にしてた通り、酒は飲めてよかったと思いますけど、酒に関する弊害というものも間違いなくあります。

それは健康への影響。健康診断では今のところ正常値を保っていますけど、肝臓の値なんかは結構ギリギリです。

それだけでなく酒を飲んでしまうと、その後車の運転というわけにもいかず、行動が結構限られてしまいますよね。

おかげで結構無駄にした日曜日もあるような気がします。

せめて休肝日を設ける習慣を30代のうちから意識すればよかったなぁと思います。

脱スマホ

初めてスマホらしいものを持ったのはiPodtouchです。

面白くて寝床に持っていっては暗闇の中いじってました。

なので、すっかり目が悪くなってしまいました。

まだ30代だった4年ほど前にメガネ屋さんに行ったら、老眼の初期症状ですねって言われたくらい視力への影響は計り知れないです。

睡眠にも影響すると言われてたのがようやく分かりだしました。

資格取得

飲酒生活にも絡むんですけど、資格の取得というのは取り過ぎるということがないのに、仕事に必要な資格を取得したことで勉強というものをしなくなってしまったんですね。

まあ、仕事に必要な資格があればいいじゃん?というのももっともなんですけど、この年で再就職を考えた時には隠した武器というものは力になってくれる気がします。

まあ、資格だけで実務が出来ないのも何ですけど。

実際にこの歳になって勉強をしようとすると、覚える速度と忘れる速度が拮抗していて、なかなか前に進まない感じです。

一つでも多くの資格を取っとけばよかったと思いますね。

まとめ

昔は「おっさんの言うことなんか」って思ってたんですけど、気付いたら自分も充分世間からおっさん扱いされる歳になってしまいました。

最近はバイクの乗り方も、スピードは控えるようになったし。コーナーリングの安全マージンの取り方も変わった気がします。

いろんなヒヤリハットを経験しながら、やっぱり痛いことは嫌ですし、事故や転倒寸前のあの時間が止まった感じの怖い事は避けたいですからね。

いつの世も若い世代の人には分ってもらえないとは承知しながら、せめて「へ~そんなもんか」くらいにでも意識してもらえたらいいなぁと思ってみたり。

今の若い人もいつか分かる時が来るとおもうので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする