お年玉付き年賀はがき当選発表されました

家族のこと

今年は何枚の年賀状を受取りましたか?

もう何年になるでしょうか、携帯メールが出来るようになって以来、徐々に年賀状への依存は減って、最近はSNSの普及もあり一層若者層では年賀状離れが出てきてるように思います。

年賀状当選発表は下の目次から「5.お年玉年賀はがき2018年当選発表」をお選びください

スポンサーリンク

SNSでの新年の挨拶

確かに、LINEなどで簡単に「あけおめ~」などと新年の挨拶が出来るのは簡単でいいですね。

特別年賀状を出しあうような間柄でなければLINEなんかで全然OKだと私も思います。

ただ、年賀状が届くと嬉しいです。

特別面白い番組もやってない正月の元旦に届く年賀状は一つの楽しみですから。

 

年賀状のこだわり

写真にこだわる

私は40代ですから、手元に届く年賀状には子供の写真が印刷してある年賀状が多いです。

でも年賀状によその子供の写真があっても、「大きくなったね」「いくつになったかな?」位なもので結局他人の子供の写真を見てもあまりピンと来ないんですよ。

受取った相手は自分の子供にはさほど思い入れはないのです。

なので、ここ数年私が送る写真は変えました。

それは家族全員で写ってる写真を使うこと。

特に親族だったり、友人関係だとなおさらです。

子供だけの写真よりは本人達も写ってくれてたほうが、「あ~老けたな」とか「ハゲたな」「あ~子供こんなに大きくなったか」って思えるんです。

親族だったら「子供の頃の面影あるね」なんて思ってもらえたりするでしょうし、中には結婚したけどあったことのない親族だっているかもしれません。

元旦に届くように送る

基本的に元旦に届くように投函するように心がけています。

先ほども書きましたように、私は元旦に届く写真をみて正月の暇を少しでも紛らわしています。

なので、送る相手にもなるべく元旦に届くように心がけています。

大抵クリスマスに投函すればセーフです。

昔は30日に投函しても元旦に届けてくれてましたけど、最近は郵便局も割り切ってるのか多分届きません。

大体2日は配達がありませんから、それ以降に届くとこっちが出したから送ってきたかな?とか、年末バタバタしてたんかなって思われそうなので、極力元旦必着のつもりで準備してます。

一言添える

実はこれが一番手間が掛かります。

それに私は字が下手っぴなので、恥ずかしいんですよ。

でも

相手との共通点を思い出して、一言添える

この行為が良くないですか?

相手から来た年賀状に一言添えてあるだけで、その年賀状への思い入れがわきます。

なので極力一言添えるようにしてます。

年賀状の保管

私は結構年賀状は多く保管してます。

古いものだと10年以上までのものまで取ってあります。

100均で購入したはがきホルダーへ年ごとに入れて、喪中はがきも一緒に入れてあります。

あとは、自分が出した年賀状

自分たちの写真なんかも含めてですけど、年賀状自体にも工夫があって、今年の年賀状にはこんな事がしてありました。

年賀はがきの下の縦棒、0と8の上に「あけまして」「おめでとうございます」と書かれてるのはツイッターなんかでも話題になりました。

また、年賀の○の中には犬の足と思われる絵がありますけど、さかさまにすると「FUJI」と書かれています。

未年の時には12年前に編んでたマフラーをしてたなんて事もあって話題になりました。

そんなこともあるので、自分たちが出した年賀状をそのまま取っています。

書き損じのはがき

インクがすれたり宛名が古かったりとどうしても年に何枚かあるんですけど、これは郵便局に持っていくと、1枚5円で有料ですけど取り替えてくれます。

また子供の通う中学校で回収してくれますので、持たせたりしてますかね。

もちろん回収したはがきは施設に送ったりして有効に利用してくれるようです。

一応有価証券ですからね。

お年玉年賀はがき2018年当選発表

2018年1月14日 お年玉年賀はがきの当選発表が行われました。

商品番号
1等現金10万円他784640
2等ふるさと小包他3260
3等切手シート27
86

ま、これも一つの楽しみですね

追記  切手シートが1枚当たりました^^

コメント