鳥取県八頭町にてライダーの祭典「第11回隼駅祭り」が開催

スポンサーリンク
スポンサーリンク
若桜鉄道の隼駅バイクライフ
スポンサーリンク

夏の鈴鹿8時間耐久レースも終わり、今週は第11回の隼駅祭りが行われます。

隼駅祭りは、鳥取県八頭町にある、若桜鉄道の隼駅を拠点としたお祭りです。

昨年の第10回隼駅祭りには2000台を超えるバイクが集まったという、中国地方のちょっとしたライダーズイベントとなっています。

スポンサーリンク

第11回隼駅祭り

日時

2019年8月4日10時から12時30分まで(受付は9時から)

もともとは隼(8823)にちなんで、8月8日だったそうなんですけど、そう都合よく休みにはならないもので、令和元年となる今年は8月4日が隼駅祭りとなります。

またイベント時間は12時半までと、酷暑のこの時期、さらに遠方からのライダーにやさしいタイムスケジュールになっています。

過去の隼駅祭りについて

2018年の第10回隼駅まつりは昨年の来場者数をさらに更新

会場

私も以前隼駅には行ってきましたが、決して大きな駅ではなく、2000台ものバイクが集まってイベントができるような場所ではありません。

また行きたい!隼駅のそばにある「BASE8823」に泊まってきた
バイク「隼」乗りの聖地と言われる、鳥取若桜鉄道の隼駅。ほどなくのところにあるライダーハウスBASE8823に泊まってきました。とても満足しましたので、ぜひまた行きたいと思います。

会場は隼駅から少し離れた船岡竹林公園(鳥取県八頭郡八頭町西谷564-1)で行われています。

お間違いのないように。

イベント内容

隼駅祭りでは「隼」を人文字で作った記念撮影や、プロライダーの北川圭一氏と津田拓也氏のトークショー、白バイの交通安全教室、地元芸能披露が行われ、ライダー同士の交流イベントも行われます。

また隼駅では、不定期で見られるという鉄道ジオラマの展示やブルートレインの開放など、この日ならではのイベントも予定されています。

アクセスするにはどの道を通っていけばいい?

地元ライダーさんならいいんですけど、遠方から向かう方はツーリングマップルをタンクバックに入れて走ったり、スマホにナビゲートしてもらったりと なかなか大変ですよね。

こちらのQRコードをスマホで読み込むと、BASE8823のスタッフさんが厳選した周辺のルートをGoogleMapで表示してくれるはずです。

隼駅までのアクセス
QRコードを読み込むとGoogleMapが立ち上がります

頼っていくとBASE8823へは行けるようになっていますので、参考にしてみてください。

QRコードアプリ

QRコードってどうやって読み込むの?という方には「Yahoo!QRコード」をお試しください。

隼で鷹狩り

隼祭りの会場からほどなくの場所に、鷹狩駅があります。

話のネタにいかがでしょうか?

ただし目の前には民家がありますから、迷惑の掛からない行動をしましょう

隼乗りの聖地の駅「隼」に行ったついでに「鷹狩」へ
隼駅まつりの行われる鳥取の若桜鉄道の隼駅へ行ってきました。隼駅周辺の情報もご覧ください。

2019年、第11回隼駅まつり来場者数

スズキ株式会社から公式で、来場者数2,700人、集まったバイクの数は2,300台と、第10回の隼駅まつりを上回りました。

天候にも恵まれ、多くの方が集まった様ですね。

また、日テレニュース24にも掲載されました。

日テレNEWS24
日テレNEWS24は最新のニュースを24時間お伝えする日本テレビのニュース専門チャンネルです。最新の動画ニュースや、ニュースキャスターのブログを無料でご覧になれます。

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクライフ
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました