愛車歴~XJR400R~

自己紹介

2台目のXJR400です。
就職して乗っていた車も乗らなくなって、1ヶ月の走行が50kmを切り出したことをきっかけに、10万kmでタイミングベルトの交換、車検、保険などつもりに積もった結果手放しました。
当時、オートファッションという車雑誌のtheSTAGE?だったかに4,5回載せていただいた愛着のある車でした。
またそのころは車やバイクは自分を表現するものみたいな存在でしたので、自分の生活には仕事しかなくなったある日、バイクでも買ってみれば?とアドバイスをもらい思い立つことにしました。
いろいろバイク屋さんをめぐる中で、まだ中免しか持ってなかった私には400ccしか選択肢はありませんでした。
400ccで乗りたいバイクと言えば突然廃車にして悔いの残したままのXJRしかありません。
初期型を探したのですがさすがに見つからず結果購入したのがXJR400Rでした。

△奥は今のXJR1200、手前の400のオーナーはすでにこのブログでも何度も出てくる大学生に売ってました
モリワキのZEROのマフラーの付いたバイクでしたが、なんとなく魅かれるバイクでした。
多分単車乗りの人にはこの感覚が分かってもらえるのではないかとロマンチストなことを言ってみたり・・・><
社会人の自分にはあまり乗る機会がありませんでしたが、生活にハリを与えてくれました。
ある日シートカバーが剥がれていたのを不審に思い近づいてみるとメーター一式盗まれていたのはいい思い出です。
仕方ないので、やっつけでセローのメーターをもらってきて付けていました。
当時は自分の給料で生活するのがやっとでしたので。
そんなバイクも紆余曲折を経て大型免許取得とともに手放すことになります。

自己紹介
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
バイクのある生活

コメント