室戸岬から桂浜の道中にある手結港の可動橋は見もの

手結港に掛る可動橋四国ツーリング
四国ツーリング

四国ツーリング1日目~室戸岬から念願のライダーズイン~

2日目の朝はかなり疲労困憊で起床。

実は、あまりにも床が固すぎたことで寝にくいところへ向け、国体だったかで一般の宿泊者もいたようで、遅くまで騒がれてあまり寝られませんでした。

ライダーズインに限らず、せめて10時以降は他の宿泊者への配慮をして欲しいものです。

スポンサーリンク

手結港の可動橋は一見の価値ありなのでおすすめ

全体的には道中混雑した雰囲気でしたが、さほど苦にもせず走れたのは2輪だったからでしょうかね。

道中、不思議な光景が見えました。

道路が立っています。

不審に思い近くまで言ってみました。

手結港の可動橋

どうも後から調べると、手結港にある可動橋だったようです。

可動橋というと天橋立には旋回式の橋がありますし、勝鬨橋なんかも可動橋だったらしいですね。

とにかく道路が立ってる。

こう思ってもらって間違いないですが、なかなか衝撃的な光景で一見の価値があると思います。

高知県香南市にあり、国道55号線を走っていたら目にする事ができます。

お近くへ寄った際は是非お立ち寄りください。

この橋の姿が見える時間帯

この橋を通行できる時間は以下の時間帯です。

  • 6:30~8:00
  • 9:00~10:00
  • 11:00~12:00
  • 13:00~14:30
  • 15:00~16:00
  • 17:00~18:00

なので、この通る時間を外した時間帯に行けばこの姿を見ることができます。

基本的に私がツーリングは家族旅行の下見を兼ねているつもりという大義名分があります。

さすがに北海道は連れて行ってやることが出来そうにありませんが。

バイクで行く室戸岬から足摺岬へツーリング
(手記の続き 、 一日目)夜遅くまで騒ぐ奴もいれば、朝早くから騒ぐ奴もいるもので、この日は6時半ごろ目が覚めました。床がフローリングだったために床が固くて寝付けず、実質3~4時間ほどしか寝てなかったので、疲れが抜けきれませ~続きを読む~
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました