北海道ツーリングの2日目全行程

スポンサーリンク

晩に雨が降っていたので、CBのシートが濡れていました。

どうもテンションが高いのか、朝も早くから目が覚めてしまいましたが、この時点で雨はやんでました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




函館出発

朝市

出発前に函館の朝市へ。

ライダーハウスウィロビー

前日に函館駅からウィロビー(宿泊先)までの道を一度走っているので、函館朝市へは訳なく行けましたよ。

しかし雨に降られなかったのはここまで。

その後出発の準備をしている間に無情の雨。

混雑する五稜郭駅はパス

再度ライハ「ウィロビー」から出発する前には雨が降りだし、仕方なく雨装備をしてウィロビーさんを出発です。

月曜日の雨の朝、車も多く五稜郭駅の前はとても混雑してた覚えがあります。

本当なら5号線経由して、五稜郭駅にも寄ってみたかったのですが、雨と月曜の通勤時間が重なったこともありめんどくさくなってパス。

城岱スカイライン経由で長万部

その後函館新道を経由して城岱スカイライン・大沼公園を再度横目に見ながら改めて5号線を目指します。

この辺りではほとんど雨は降ってなかったのですが、森を過ぎたあたりから雨が降り出し、長万部近くまでしっかり降られました。

雨の中の海沿いの道なんて楽しくもなんともない。

景色は見えない、道路は単調、対向車の大型には水を掛けられ、前を走る車の水しぶきで走るだけでもくたびれる。

途中立ち寄った噴火湾パノラマパークで鹿が飛び出してきて跳ねそうになったのは思い出したくない恐怖の体験ですが、茨木から来たハーレーさんと出会い、広島の話をした場所でもありますw

長万部のカニメシ

さて長万部、こちらの楽しみはカニメシ(1080円)でした。

長万部ドライブインかなやのカニメシ

着いたらまだシャッターが閉まっていて、ひょっとして休み?と最悪のことを考えましたが、開店時間まで待つと無事開店。

ここで食べた後、駐車場の掃除をしていたお店の人にも寄せ書きフラッグ書いてもらったんですよ^^

後はひたすら室蘭を目指します。

室蘭

白鳥大橋

白鳥大橋は見るだけで渡らない予定だったのですが、このブログを始めてから知り合った「道民ライダー」さんから、名探偵コナンにも登場した橋と教えていただいたこともあり渡ってみました。

白鳥大橋を渡って右に曲がった方にある道の駅「みたら室蘭」で、今度はここでチキウ岬なる文字を地図に発見し、チキウ岬(地球岬)まで足を延ばしてみました。

ちきう岬

北海道ツーリングで室蘭のちきう岬をめぐる

北海道ツーリングで行った室蘭のちきう岬

△ちきう岬

室蘭から節婦

その後カニ御殿で今夜泊まるところへ電話すると、「あ~まだ遠いね、バイクは何cc?」「1100です」「じゃあ足は早いね、気をつけておいで」と言ってもらいました。

カニ御殿

ここのカニ御殿も「道民ライダー」さんに教えていただいたとこだったりします。

ま、走ってたら嫌でも目にとまるし、興味も沸くわw

苫小牧駅の写真を撮っていると、どうもマー君の出身校が見たくなり寄り道しますが、近くの工業団地の方ではまり込んでしまって、どうにもならなくなった時は焦った。

駒澤大学苫小牧校門前

△駒大苫小牧

正直こっちの道南方面は車が多くてなかなか距離が延ばせませんね。

苫小牧の市内を抜け、日高自動車道を日高紋別までぶっ飛ばしてこの日の宿「遊々仙人倶楽部」へ到着するわけなんですが、とにかく道中が寒かったです。

新冠の節婦駅

△節婦駅

ライダーハウス遊々仙人倶楽部

節婦駅のそばにあるライダーハウス

△本日のお宿、遊々仙人倶楽部

着替えが足らなくなったので、静内のイオンへ晩飯の買出し兼ねてお出かけ。

ホームセンターのホーマックへも行ったけど、何しに行ったっけ??

その後この日撮った写真を静内のセブンでドロップボックスへアップロードしに行きました。

MVNOを使ってる私には無料のセブンWiFiがありがたいです。

帰りには温泉に入って帰るつもりが、無常の雨。

仕方なくそのまま帰って晩酌しながら、ブログの更新や翌日のコースを確認しました。

燗にしたかったな。

実は体が冷えてたこともあるし、やっぱり寒かったので寝袋に下半身突っ込んで飲んでましたので、動くのがめんどくさかったんですww

走行距離は386kmで2日目終了。

交通量の多い国道5号や室蘭、苫小牧市内を走りながらの386kmは何気に辛かったです。

北海道ツーリングの3日目全行程
日付だけが3日目になった午前1時半、目が覚めました。 明け方空が明るくなりだしたころ外のほうを歩いてみたりして、時間をつぶしてました。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする