北海道ツーリングの1日目全行程

スポンサーリンク

いよいよ北海道ツーリングの幕開けです。

北海道の朝が早いと感じたのはこの朝が初めてでした。

外国人たちと同じ部屋で寝ると言う感覚がないので、変に緊張しました。

貴重品は枕の下に入れて寝たりとか。(ま、一応ね・・・^^;)

昨晩の人は早々に身支度して出て行きました。

他の人を起こさないように支度をしたりするのはなかなか気を使うのもです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




札幌でレンタルバイク

出発の朝、札幌のINO’S PLACEを出発し、タクシーでイーグルモーターサイクルに向いました。

札幌でバイクをレンタルしたイーグルモーターサイクル

レンタルしたイーグルモーターサイクルでは先客がハヤブサをレンタルしてたっけなぁ。

レンタルしたCB1100

私が借りたこの先1週間の愛車はこちら

北海道ツーリング中のレンタルバイクCB1100

CB1100

XJR同様、空冷4発です。

札幌の街中

札幌は碁盤の目のように町が出来ていますが、それが災いしてか結構な頻度で信号につかまってイライラしました。

バスガイドさんから中山峠越えるなら支笏湖経由の方がと薦められたため、国道453号線を目指します。

一応、荷物の雨対策にドラッグストアでゴミ袋を購入しましたが、早速雨に降られました。

このゴミ袋は安くていいのですが、中途半端な固定だと滑って荷が崩れそうになるので注意です。

支笏湖経由で洞爺湖

支笏湖まで、途中一緒だった小樽ナンバーのスクーターに声を掛けたけどさらっと流されました。

そこから洞爺湖までの道中は453号線・276号線の重複区間を抜けます。

途中、フォーレスト276大滝にあるきのこ王国で日本一売れているというきのこ汁を堪能。

その先276号線を経て230号線で洞爺湖へ到着します。≫支笏湖からきのこ汁を食した後、サミットの地洞爺湖へ

せっかくなので湖畔を走ればよかったのですが、分かれ道に気付かずサイロ展望台へ。

洞爺湖のサイロ展望台

こちらもバスガイドさんに教えてもらった場所です。

高速道路で大沼公園まで

その後虻田洞爺湖ICから一気に大沼公園ICへ。

そういえば途中立ち寄った八雲SAでツーリングの大群がいて、それらが先に出発知っちゃったんで、ICの出口がめちゃ混んでたなぁ。

予定では大沼公園経由で城岱スカイラインの予定でしたが、どこかで間違って国道5号(函館新道)を通って函館入り。

函館付近からは結構雲は多いながら太陽が顔を出してくれましたけど、サンデーライダーとなってた自分にとっても、まだ慣れてないCBとの感覚がつかめず疲れた初日でした。

北海道函館

五稜郭

五稜郭を目指して走りますが、最終的には道順が分からず函館タワーを目指して走りました。

この日は五稜郭の150周年のイベントをしていたようですが、ブースなんかも片づけ始めてました。

北海道ツーリングで函館の五稜郭をめぐる

おかげで空いてたんじゃないかと思いますが。

その後この日の宿となるウィロビーへ。

函館の名所めぐり

函館駅の方へ行けば、GLAY関係のバスでも走っているかと思い行ってみましたw

これには他の意味もあって、函館駅から宿泊先であるウィロビーまで一度走っておくと、この後暗くなって道に迷った時には一度函館駅に出てから帰れるという意味もあります。

赤レンガ通り、函館ラーメン「あじさい」で塩ラーメンを食べました。

函館の塩ラーメン

函館山に行って最後はセブンイレブンで安いチューハイ買って帰りました。

函館山の夜景を楽しむ

日本の3大夜景の一つを見て、残りの2つも是非・・・と思ったのもこの日のことですね。

こちら、スマホで撮った1枚ですが、意外にもうまく撮れて自画自賛してたんですけど、会社に戻ったときにえらく褒められ、カメラにはまるきっかけになった記念すべき1枚です。

この夜台湾の人と国際電話の掛け方をどうたらこうたら教えながら就寝。

一日目は344.1kmとまずまずの走行距離でした。

北海道ツーリングの2日目全行程
晩に雨が降っていたので、CBのシートが濡れていました。 どうもテンションが高いのか、朝も早くから目が覚めてしまいましたが、この時点で雨...

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする