日帰り3時間コース発見

プチツー行ってきました^^

1時間、2時間コースの次は3時間コースです。

自宅から約30分~40分でこちらまで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




音戸の瀬戸

音戸の瀬戸でございます。

ぐるぐる回って橋に上がってきますが、正直目が回ります@@

展望台

今日まで知らなかったのですが、実はここからもう少し上がることが出来て、初めて展望台まで上がってきました。

手前の橋が第2音戸大橋、奥のが昔からある音戸大橋です。

平清盛くんとも対面を果たす事が出来ます。

また、呉の大規模工場も見えるのですが、ここへはぜひ夜景を撮りに行きたいのです。

軍港の街、呉で潜水艦の夜景を撮る

思いのほか移動しながら景観を撮っていると時間を消費しまして、あっという間に25分程度消費してしまいました。

ここから昔からある音戸大橋を渡ると、清盛塚があります。

ちょうど二つの音戸大橋の下を船が通っていきました^^

思いのほかこの橋の両側で時間を消費したので、ここからは一気にいきます。

倉橋

音戸を超え、倉橋へ。

ここは遣唐使船にゆかりのある土地だそうで、あちこちに遣唐使船のモニュメントみたいなものがあります。

ここへは入場料が400円掛かり、正直歴史が嫌いでそこまで興味の無い私は砂浜から写真撮影。

ちなみにここへの道中に消防署があるのですが、こちらの屋根にも遣唐使船のイメージがデザインされています。(写真ないです^^;)

さて、ここまでは何度か来た事あるのですが、ここから先は初めての体験。

本日2度目の旅です。

ここからもう少し走ったところで片道1時間半のタイムリミット。

もう少し行けば先端まで行けたのですが、次はぜひ先端まで行ってみたいですね。

≫ 広島県の最南端の有人島「鹿島」まで瀬戸内の島巡りツーリング

ここまでは県道35号線を走ってきたのですが、島を横切り県道286号線へ。

前から対向車も来ましたし、ここまではよくある普通の道。

ここまではよかった。

問題はここから。

実は私、変な持論を持っていて、舗装がしてある道は誰かが一度通った道。

必ずどこかへ通じる道と思っています。

で・す・が・・・、この県道は険道でした><

対向車との離合はまず不可。

大き目の普通車なら通行するのもためらうレベルです。

ただ、そんな中にも見所はありまして・・・

こういう岩肌の山が多くありました。

と言うのもここは、石の産地でして結構岩肌が出た山が多かったです。

また、山の下には畑、この反対側は海です。

とてものどかな場所だなぁと思いました。

その先にはこんなとこ。

左のほうには穴の開いた岩、写真では分かりにくいですが、対岸の島には鳥居があります。

干潮だから見えた景色なのかな?

ま、そんなこんなで元の道に合流。

第二音戸大橋へは道が分からず時間の都合上断念。

帰りは呉の自衛隊の方を通って帰りました。

その先には鉄のくじら。

写真を見せてもらったのですが、この潜水艦の引き上げには深田サルベージと言う会社のクレーン付の船が来ていたようです。

そして、第二音戸大橋の橋げたを掛けるときにもここのサルベージ船が来ていました。

▽古い写真が出てきた^^

こんな橋脚に・・・

海を運ばれてきた橋げたとサルベージ船。

それが上でも紹介した橋になりました。

この日の走行距離が105km。

3時間相当で走るにはまぁまぁの距離だったかな。

次は4時間コースを探してみるかw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. めん より:

    鉄鯨…現物見てみたいっすねぇ~♪鯨好きな自分です(笑)

  2. たろう より:

    このクジラは・・・食えんでしょw