淡路島のとほ宿「アワジトロフィーハウス」でツーリング3日目の朝を迎える

淡路島のとほ宿アワジトロフィーハウス本州最南端「潮岬」
本州最南端「潮岬」

明石海峡大橋の夜景撮影も終え、淡路島のとほ宿での夜も更けていく

またしても今朝は4時半ごろ目が覚めてしまったのですが、珍しく二度寝して、6時半に起きました

昨日止まったのは、アワジツーリストトロフィーハウスというところで、とほ宿というジャンルのところです。

とほ宿って確かにツーリングマップルとかを見ていると存在するんですけど、とほ宿のとほって何?って思いません?

オーナーさんは「うちはとほ宿だからとゲストハウスではない」と言われ説明してもらいましたけど、いまいち線引きがわかりませんでした。

ライダーハウス、ゲストハウス、とほ宿について個人的主観

まーオーナーが言うのだから、とほ宿なのでしょう(笑)

ただ、とほネットワークとかっていう、とほ宿オーナー同士のネットワークがあって、そこに加入しないととほ宿とは言えないとかとも言ってましたね。

さてこの日の宿泊客は、アメリカ人♂、カナダ人♀2人、長野から来た主婦♀と広島から来たおっさんライダー♂の5人でした。

この外国の3名、皆美形でした。

同じ人類なのに羨ましすぎるよ(T-T)

あと、長野から来た主婦。

幼稚園ぐらいの子供二人と、旦那もいるって言うからもっと驚き。

自転車で淡路島回ってるんだとか。

一体どういう理由で彼女の旦那さんが送り出したのか、彼女に何があったのか。

聞きたくても、聞かない方がいいのか分かりませんでした。

が、ちょっと訳ありっぽかったので聞いてません。

スポンサーリンク

アワジトロフィーハウスの場所

アワジトロフィーハウスの位置は淡路島の西側ほぼど真ん中に位置するこの辺り。

島だからとバカにすることなかれ。淡路島はめちゃめちゃデカいのです。

スポンサーリンク

アワジトロフィーハウスの施設

ドミトリーではなく洋間の個室を選択

アワジトロフィーハウスにはドミトリースタイルの寝室を含め、和室や洋室の個室もあります。

その中で私が選んだのは、2人部屋の洋室。

・・・だって体がまだ痛かったんだもん

そう、前日の高速道路の移動が堪えて、休養を優先しました。

通常なら夕飯は別料金、でもこの日は無料

こちらでは夕飯を別料金で準備していただくことも可能です。

が、この日は無料。

なぜなら一緒に宿泊していた外国人の3人。

この方たちは宿泊者ではなく住み込みのスタッフという立場。

まだ慣れていないのでこの日は無料ということに。

でも美味しかったですよ^^

コンビニまでは徒歩圏内だけどビールや酒類も買える

ちかくにコンビニはあります。

何かあれば徒歩でいけるので、重宝するかもしれません。

ただ、夜少しビールを飲むというくらいなら、こちらでも購入可能。

多分厳密には買えるというより、取ったらここにお金を置いておいてねという任意的スタイル。

まあお世話になったうえにただ酒飲むつもりもないので、きちんと支払って帰りましたが。

お風呂はゆ~ゆ~ファイブ

トロフィーハウスから少し離れたところにあるゆ~ゆ~ファイブという施設を利用。

淡路島の五色町にある温泉施設ゆ~ゆ~ファイブ

アワジトロフィーハウスもお風呂はあるのですけど、やっぱり広いお風呂でゆったり旅の疲れを癒すのも醍醐味です。

ただ、車やバイクのようなものならまだしも、自転車などの人力では上り坂が厳しいかも。

スポンサーリンク

潮岬ツーリング3日目の予定

今日はもう少ししたら準備しますけど、白すぎると話題の姫路城、赤穂の赤穂浪士のゆかりの地、牛窓辺りまで行ってから帰りたいと思います。

土曜日で車も多いでしょうから、交通事情によってはパスするかも知れませんけど、特に姫路城も昔行ってるし、白くなった姿も新幹線から見てるし。

それにしても7時なのに誰も起きてる気配がないな

忠臣蔵のふるさと、赤穂浪士を祀った赤穂大石神社
忠臣蔵で有名な赤穂浪士四十七士を祀った赤穂大石神社。四十七士の石像を見られます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました