忠臣蔵のふるさと、赤穂浪士を祀った赤穂大石神社

本州最南端を巡る

淡路島のとほ宿「アワジトロフィーハウス」で迎える3日目の朝

拝啓、大石内蔵助殿…

とうとうお目にかかることが出来ました。

昔、大石内蔵助を田村正和さんが演じた忠臣蔵を見て、「この世にこういう人たちがいたんだ」と感銘を受け、いつか行ってみたいと思ってました。

スポンサーリンク

赤穂大石神社

赤穂は大石神社にやって来ました。

地図・アクセス

赤穂駅の方まではそれなりに順調に来られたのですが、もう少し幹線道からのアクセスを考えてほしいです。

標識が少なく、解りづらかったです。

本当に間近までくるとそこそこ標識は出てるんですけど。

赤穂四十七士がお出迎え

忠臣蔵の赤穂浪士を祀った赤穂大石神社

鳥居の前に討ち入り姿で四十七士の石像がお出迎えしてくれます。

赤穂大石神社に並ぶ赤穂浪士の石像

こちらが大石内蔵助。

赤穂浪士の大石内蔵助

この対面には息子になる大石主税の石像もあります。

これらの石像を目の前にすることが出来て感動しました。

ストリートビューで見る赤穂浪士四十七士

こちらのストリートビューで四十七士の石像をご覧いただけます。

便利な世の中になったものです^^

 

周辺の名所

赤穂城

赤穂大石神社からは徒歩で行けますし、ここまで来たついでに足を延ばしてみてください。

赤穂藩上水道跡

赤穂駅南交差点には赤穂藩上水道跡もあります。

他にも赤穂の町中には、ゆかりの上水道の跡とかがいまだに多く残っています。

 

ゆっくりすればよかったのですが、まだこのツーリングの最後の目的地もありますので、立ち去りました。

このツーリング最後の目的地、牛窓
≫忠臣蔵のふるさと、赤穂浪士を祀った赤穂大石神社 赤穂を出て、備前からブルーラインにのって牛窓まできました。 日本のエーゲ海として人気のようです。 牛窓オリーブ園 オリーブって最近住宅の植栽とかに人気ですけど...

コメント