淡路島から撮影した明石海峡大橋の夜景とバイクの写真

明石海峡の夜景とバイク本州最南端「潮岬」
本州最南端「潮岬」カメラ

ガソリンも乏しく街灯のない夜道を不安になりながら走った淡路島でしたが、昨日の晩に一眼レフからデータを抜き取ってみて大満足。

重たいカメラと三脚をはるばる持って走った甲斐がありました。

バイクは被写体として満足だけど、カメラの携行が難点

行きは所々でぱらぱらと雨に降られたのですが、それでも持って走ってよかった~

スポンサーリンク

淡路島から撮影した明石海峡大橋の夜景とバイクの写真

明石海峡大橋の夜景とバイクの写真

さっそくですがこちらが明石海峡大橋とバイクの写真。

橋の向こうに明石の夜景も写ってますね。

右の写真には何か写り込んだのが残念ですけど、その気になれば画像編集のフリーソフト「GIMP」簡単に消せますし。≫ 過去の写真をGIMPで加工

ただこの撮影スポット、明確な場所は秘密とさせてください。

住宅街のため、多数押し寄せると迷惑になる可能性があるので。

バイクの夜景の写真の撮り方

こちらは2枚とも、ISO200 F5.6 25秒の設定で撮影してます。

夜景なのでISOを高めにするとどうしてもノイズが入ってしまうし、長時間露光でしっかりシャッターを開けたほうが綺麗に撮れるはずです。

ちなみにスマホで撮影した同場所からの夜景写真はこんな感じ。

スマホで撮影した明石海峡大橋

もっと設定を変えることでまともな写真にはなるとは思いますが、やはりこういう写真での限界は一眼レフの方が高いです。

スポンサーリンク

明石海峡大橋の夜景は淡路島側からの方が綺麗

明石海峡大橋の夜景と明石の夜景も写る淡路島からの写真は綺麗

いろいろ明石海峡大橋の夜景を見ていると、明石側から見た夜景はバックが淡路島のため橋だけが明るく、島が暗くなってる写真が多いです。

その点淡路島から撮影した写真は、バックが明石の街並みなので、橋と同様に綺麗な夜景が写りますので、個人的には淡路島側から撮ったものの方が綺麗かなと思ってます。

淡路島にはゲストハウスもいっぱいある

正直私、島じゃんって思ってバカにしてたんですけど、淡路島にはゲストハウスなども含めて多くの宿泊施設があります。

淡路島の島民の方、申し訳ありませんでした。

なので、もしも淡路島からの夜景写真を撮るのであれば、ゲストハウスなどの宿泊施設を利用したらいいと思います。

ちなみに私が2泊目に泊めていただいたとほ宿(≫淡路トロフィーハウス)から40分以上も掛かりました。

淡路島は国内でも一番大きな島らしいので、ちょっとのつもりが結構な距離を走ることになります。

泊る所間違ったですね。ちょっと遠すぎた。

街灯もない知らない夜道を走るのは相当怖いですので慎重にお選びください。

明石海峡大橋の夜景撮影も終え、淡路島のとほ宿での夜も更けていく
潮岬から淡路島へ到達。この日の目的は明石海峡大橋の夜景写真を撮ることでしたが、無事目的を果たすことが出来ました。
BikeJin第2回絶景フォトコンテスト夏の陣の発表されてます
創刊15周年を迎えたバイク雑誌bikejinで行われているフォトコンテスト。シーズンごとに行われていますのでお気に入り写真でエントリーしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました