広島から潮岬までのツーリングに掛った費用と1日に走れる距離の考察

本州最南端を巡る

すでに1年も経ってしまいましたが、2泊3日の本州最南端へのツーリングに掛かった費用を集計してみました。

出発の前日からの雨で一時は心配しましたけど、終わってみれば幸い天候にも恵まれ楽しいツーリングでした。

≫ 本州最南端「潮岬」を巡るツーリング~潮岬、くしもと大橋、橋杭~

≫ 本州最南端「潮岬」を巡るツーリング~円月島、南海フェリー、淡路島~

≫ 本州最南端「潮岬」を巡るツーリング~姫路城、赤穂浪士、牛窓~

スポンサーリンク

和歌山のツーリングに掛った費用

ガソリン代 給油8回で 12,942円
高速料金 15,970円
宿泊代 2泊 6,200円
フェリー代 4,500円
雑費(お土産食費他) 約7,000円
合計 約46,612円

高速料金

広島から潮岬までの距離は、高速道路を使っても600km近くありますから、下道で走ろうと思うと、1日では無理です。

大阪から下がとっても遠いんです。

なので高速料金に関しては時間を買ったと思って割り切らないと仕方ないけど、3分の1を占める結果となりました。

次に山口の最西端行くときは、距離も近いし高速を使わずに行けるからもっと安く済みそうです。

ガソリン代

ガソリンも、リッター15kmが怪しい燃費じゃ掛かりますね。

正直、最近の車のほうがよっぽど燃費いいと思うと、悲しくなります。

宿泊費

宿泊は2泊でビジネスホテル1泊くらいなら仕方ないと思ってます。

この費用から劇的に下げようと思うとキャンプしかない訳ですけど、それよりゆっくり眠れる環境を手に入れるためには必要な料金ですし、何より軽装で行けるのはありがたいことです。

≫ 本州最南端和歌山県の潮岬にあるライダーハウス「キャンプイン潮岬」

≫ とほ宿「アワジツーリストトロフィーハウス」

食費

食費自体は雑費に含んでますけど、大体3日7食で3000円位でした。

初日に弁当持って走ったのも大きいけど、ツーリング中ってあんまり食べないんですよね。

と言うより、スケジュールが厳しすぎて食べられないと言った方が正しい気がします。

どうしても食べに入ると最低でも30分以上タイムロスになりますし、「明るいうちに目的地に着こう」と思うと、どうしてもコンビニのパンとコーヒーみたいなものになってしまいます。

ツーリングで1日に走れる距離とは?

ということで、一体1日で走れる距離ってどれくらいなんだろう?

条件:
朝は8時ごろ出発
昼は1時間程度の食事時間
目的地に16時着

かなり条件はあまめかもだけど、走ってる時間は7時間。

1時間に1回は10分~15分くらいの休憩を取ると1時間以上は休憩時間になりますし、給油やらを考えると本当に進めるのは約5時間位かもしれません。

さらに途中の観光場所なんかを考えるともっと短いかもしれません。

時間平均40kmで進めたとして200km、信号や交通量が少ない条件がいい道路で時間60km進めても300kmという計算になります

バイクだからもう少し進めるかもしれないけど、それでもこの条件なら250~300kmくらいが計画としては適正かなぁと推測してみました。

▽北海道でしたらこれくらい走れます

≫ 【実録】北海道ツーリングで走った1日の走行距離のまとめ

まとめ

帰ってみればいつも1日300km以上走ってるから、食べる時間も休憩時間もないですよね。

走り倒すツーリングも楽しいですけど、今度からもう少し慎重に考えよう。

 

コメント

  1. めん より:

    たろうさん!ども(^。^)ノ
    なるほど…と各記事読みふけってましたょ。キャンツーもしてみたいけど、ゆっくり眠れるのは次の日の走りには大きいよねと(^-^)b

    • taro より:

      >めんさん
      キャンツーは道具が多くなるし、慣れないと設営とかも大変ですしね~。^^。