このツーリング最後の目的地は日本のエーゲ海と言われる牛窓

日本のエーゲ海と呼ばれる牛窓へツーリング本州最南端「潮岬」
本州最南端「潮岬」

忠臣蔵のふるさと、赤穂浪士を祀った赤穂大石神社

赤穂を出て、備前からブルーラインにのって牛窓まできました。

牛窓はいろんな旅行雑誌なんかでもたびたび耳にしてて、日本のエーゲ海として人気らしく、気になってました。

牛窓の位置はこの緑の矢印があるあたり。

牛窓の地図で位置を確認

山陽道からも離れているし、そうかといってなにか近くに行く用事があるかというとそうでもないので、私としては非常に思いつきが悪い場所。

ただそれだけに赤穂を経由する予定だった今回のツーリングで行くには持ってこいの目的地というわけ。

スポンサーリンク

牛窓オリーブ園

こちらは牛窓のオリーブ園

ツーリングで牛窓のオリーブ園へ

入園料は無料で、いろんな品種のオリーブが植えられてます。

牛窓へのアクセス

アクセスとしては備前市から岡山方面につながる岡山ブルーラインの邑久(おく)インターで降りて南下。

このブルーラインは私がまだ広島に来た頃、まだ山陽道が全線開通してなくて、国道2号線のバイパスとして通って広島に来た覚えがあります。

でも山陽道が開通した今、道路も比較的空いているし走りやすくなってます。

園内には様々なオリーブが植えられている

オリーブって最近住宅の植栽とかに人気ですけど、こんなに大きくなるんですね。

品種が違うのでしょうか??

こちらは高台にある広場。

牛窓のオリーブ園の広場

見晴らしもよく確かにエーゲ海ぽいかも…(適当)

行ったことないけど。

ここでゆったりと夕方まで時間が潰して夕焼けでも見たいなぁとも思ってみたり。

オリーブ園にエーゲ海を臨むように置かれた2脚のイス

ここでは家のお土産にオリーブオイルを買いました

オリーブアイス

こちらは数年前に日本一周してたブロガーさんに情報をもらったオリーブアイス。

バニラにオリーブがかかってるんですけど、バニラとは違った食感が個人的には好きでしたね。

もうひとつ食べたいかも(*^^*)

スポンサーリンク

次に牛窓に来たときには夕焼けのヨットハーバーも回ってみたいから泊りがけで

さて、ゆっくりしたら帰宅の途につくかな

とはいえ、この牛窓で回ったのはオリーブ園だけ。

ヨットハーバーなんかもあって夕焼けを臨んでのんびりしてみたいと思いました。

なので次に来るときには泊りがけで計画したいな。

ツーリング帰りの疲れがたまった高速道路は危険がいっぱい
高速道路でのツーリングもいよいよ佳境。疲れがたまったからこそ早く帰りたい気持ちを抑えて、疲労回復のためにストレッチや積み荷の確認、シールドの掃除をしておきたいところ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました