ライダーハウス、ゲストハウス、とほ宿について個人的主観

ちょっと個人的ななんとな~くな主観で感想を書いてみたいと思います。

違うとこがあれば、こうだよって教えてほしいです。

今回泊めて頂いた、アワジツーリストトロフィーハウス。

こちらのオーナーは

「うちはとほ宿。ゲストハウスじゃないよ(`・ω・´)キリッ

て言われてましたが、どうも線引きが分からない。

とほ宿の決定的なのは「とほネットワーク」というとほ宿オーナーによるネットワークを持ち、そこに属さないと「うちはとほ宿です」といえないところでしょうか?

あと、ツーリングマップルにはほぼ無条件で載せてくれるって言ってましたね。

▲とほ宿「アワジツーリストトロフィーハウス」のオーナーは英語は単語しか分からんって言ってましたが、よくやってるなと思う。

一方ゲストハウスは、オーナーがゲストハウスというと「ゲストハウス」になる認識です。(適当・・・–;)

ネット検索でも「ゲストハウス」って入れた方がヒットしやすいみたいですね。


▲札幌「INO’sPLACE」はオーナーさんは元々バックパッカーで世界を旅してた人です。

2件しかいないですけど経験上、宿の作りに対してはどちらも似てますし、ドミトリースタイルで(共同部屋)で安価に泊まれるというところは一緒ですかね。

海外では、バックパッカーの宿としてこういったスタイルの宿は多いみたいです。

なので、どちらも海外の人が泊まってたりします。

相手も日本に来てるので日本語を理解しようとしてくれますし、しゃべれない日本人を相手に一生懸命会話をなりたせようとしてくれるところとか、ちょっとした語学勉強の場になります。

ひょっとしたら、英会話教室行くよりずっと勉強になるかもしれません。

かと言って、必ずしもコミュニケーションを取らないといけないという決まりもありませんから、ほどほどの距離を保っておけばいいんではないでしょうか^^。

ライダーハウスと違ってゲストハウスだと各県にそれ相応ありますし、ツーリングの宿泊には便利かもしれませんね。

ライダーハウスは主にライダーのための宿泊施設なんですけど、料金的にはかなり幅があります。

▲函館「ウィロビー」はベッドあり個室ありでした。

▲新冠「遊々仙人倶楽部」は寝袋持参で雑魚寝スタイルです。
北海道で泊まったライダーハウス

函館「ウィロビー」

新冠「遊々仙人倶楽部」

根室「インディアンサマーカンパニー」

斜里「クリオネキャンプ場」

稚内「みどり湯」

無料のところもあるし、数千円必要なところもあるし、寝袋持参のところ、布団が備えられているところ。

本当に千差万別です。

あと、ある程度採算とってやってるとこもありますけど、ほぼボランティアされてるところもありますから、利用する時には迷惑を掛けないように気を付けたいです。

そんなライダーハウスなので当たり外れも大きいですが、屋根があるだけでも助かるというケースもあるでしょうから、ライダーのスタイルも色々だなと思いますね。

あとは、ビジネスホテルや旅館なんかと違って、都市部でないところにも点在しますので、旅の中継地点になりルートの選択の幅が広がります。

ゲストハウス、とほ宿、ライダーハウスに共通することは、ドミトリースタイルが多いという事。

他人のいびきで寝られないなんてこともあるでしょうし、夜中にトイレに起きるのも物音立てないように気を使ったり、逆に起こされたり。

一晩ぐらいは少々寝不足でもなんとかなりますけど、それが続くと体力的にもかなり消耗していきますので、所々ではビジネスホテルなどで休みたいですね、私の場合。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク