デイトナのバイクカバーのLLサイズをビッグネイキッドにかけてみたけど小さい!

デイトナのバイクカバーの固定バイクライフ
バイクライフ

以前購入したバイクのカバーが色褪せて破れてきたので、新しいバイクカバーを購入しました。

それがこちら。

デイトナのシートカバーの梱包セット

バイク乗りなら多くのライダーが知ってるかと思うデイトナのバイクカバー。

これまで購入してきたものの中ではすこしお高めのものなのですが、湿気を逃がすベンチレーターがついていたり、バイクの下でカバーを固定する金具がベルト式だったことも手伝って購入にいたりました。

購入したものはLLサイズ。

果たしてXJR1200のようなビッグネイキッドにはどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

デイトナのバイクカバーをビッグネイキッドにかけてみた

シートの前後はロックホールの色で識別

バイクカバーを選ぶときのおすすめ条件の一つが、シートカバーの前後が一目で区別できること。

以前使っていたバイクカバーも一目で判断できましたが、今回のものはフロントホイール部分にロックを通すための穴が赤くなっていて、一目で判別できます。

適応表によるとビッグネイキッドにはLLサイズのバイクカバー

サイズ感については不満。

こちらの適応表によると、XJR1200を含めCB1100、1300SF/SBといったビッグネイキッドのサイズはLLが適当そう。

デイトナのシートカバーの適応表

そしてバイクのバイクカバーをかけた感じがこちら。

デイトナのシートカバーは少し小さめ

なんか小さくない??

全体的に小さめで、特にフロントのロックホールなんかはディスクに当たって使えそうにないし、もうワンサイズ大きくてもいい感じ。

それもそのはず、こちらのカタログからバイクカバーシンプルの適合を見てみるとどうも3Lになってる。外部リンクメーカーカタログ

おいおい!!

マフラーの熱でバイクカバーが溶けない仕組み

こちらの白い布はシートカバーの内側に貼るもので、これを貼ることで直接熱いマフラーがバイクカバーに触れてもすぐに解けない仕組み。

デイトナのシートカバーの梱包セット

ただこの遮熱シートを貼るのが少し難しい。

これまでもバイクをおりてすぐにバイクカバーをかけることがなかったのだから、これからもないような気はするけど貼ってみました。

デイトナのシートカバーに貼った遮熱シート

サイレンサー部分への入り口部分と出口と部分に分割して貼ってみます。

バイクカバーの下で固定金具を探さなくてもいい

いいなと思うのはこちら。

大抵シートカバーの下側にシートが飛ばないような留め具がついてますけど、いざ被せてみるとバイクの反対側からこの留め具を探すのがなかなか面倒でストレスでした。

このベルトの留め具であればバイクの下から通して簡単に固定できます。

デイトナのシートカバーの固定

またこの留め方なら台風や強風時の風の巻き込み防止も同時にできるので、この点はおすすめ。

台風の時ってバイクのカバーは掛けるべき?外すべき?
普段バイクにかけているシートカバーですが、それが原因でバイクは転倒するといった被害も出ます。私は台風の時にもシートカバーを掛けておきたい派ですが、台風対策にはいろんな人たちが工夫しています。

ミラー部分がベンチレート構造になっている

バイクで一番高い位置に来るのがミラーの位置。

こちらにはベンチレート構造になっていて、バイクカバーの中にたまった湿気を逃がしてくれる仕組みになってます。

なので雨天が続いてもシートカバーの中に湿気が貯まりにくく、サビにくい・・・はず。

ただ四角ミラーのXJRの場合、常にシートに負担が掛かっている状態になっていることや、掛け外しの時に引っ掛かりやすい場所であることから、このベンチレート構造になった場所が弱点になりそうな気も。

デイトナさんに問い合わせたところ交換してもらった

今回、あまりにも悲しかったのでデイトナさんにこんなことがあったよと報告したところ、なんと交換してもらえました。

交換したデイトナの3Lのカバー

楽天市場のお店で買ったものだし、交換してもらえるとは思ってなかったのですけど、さすがはデイトナ・・・。

カバーをかけた感じもちょうどいい。

LLと比較して3Lだとゆったり掛かるデイトナのカバー

今度からデイトナさんをひいきにします。

スポンサーリンク

ビッグネイキッドに使うデイトナのバイクカバーは果たしてどの程度持ってくれるのか

LLでは明らかに小さかったデイトナのバイクカバー。

前回のものは2年ほどでダメになりましたけど、今回のものはどれくらい持ってくれるのでしょうか。

値段から考えると3年以上は持ってほしいけど、結局紫外線で色褪せて破れそうな気もします。

デイトナさんのありがたい対応に答えるためにも、防水スプレーでも吹いて大切に使ってみようと思います。

愛車を守るために必要なバイクのカバー。そのメリットと注意点を紹介
バイクのカバーを掛けるのってめんどくさいですよね?それでもバイクに掛けるたった1枚のカバーが、バイクの劣化や盗難といった犯罪をも防止してくれます。そんなカバーの選び方などを書いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました