頭が痛くなったのでSHOEIのネオテック2の再フィッティングをしてきた

頭が痛くなったので再フィッティングしたけど、その差はごくわずか。それでも体感的な違和感は改善した。バイクライフ
バイクライフ

先月購入したSHOEIのシステムヘルメット、ネオテック2。

セッティング費用として3,300円を支払ってセッティングしてもらったものの、実際にかぶっているとどうも頭が痛くなる。

フィッテイング調整したヘルメットの内装を横から見た写真

ということで購入したナップスにてヘルメットの再フィッティングをしてもらいに行ってきました。

スポンサーリンク

SHOEIの再フィッティングは1ヶ月以内なら無料

以前はヘルメットの購入を前提に無料でしてもらえたフィッティングサービスですが、現在は購入時のフィッティングサービスが3,300円(消費税10%)、持ち込みの場合には6,600円かかります(消費税10%)。

私がヘルメットを購入したのは3月23日。

SHOEIのシステムヘルメット「ネオテック2」に新調
長年愛用していたSHOEIのシステムヘルメット「シンクロテック」から、新しくネオテック2に新調しました。フィッティングも取ってもらい使い勝手、かぶり心地もいいかんじです。

ということはそろそろ1ヶ月の無料期間が終わってしまうというタイミングだったのです。

購入(フィッティング)した証明が必要

天気もよかったのでウキウキで走っていったものの、ふと気づいたのはフィッティングを受けたときにもらった証明書を忘れたことに気づきました。

自宅からだいぶ離れていたので、半ばダメ元で向かいました。

クレジット払いにしていたので、最悪履歴を調べてもらうことでなんとかなるかも…という期待もありましたが、履歴を調べたのはナップスのポイントカード

ナップスのポイントカードで購入履歴が調べられる
ナップスのポイントカードにはポイントだけでなく購入履歴も残っている。

この履歴で無事私がそこで買ったことが確認できたので、無料で再調整をしてもらえました。

再フィッティングは治具で再測定から

フィッティングは、どのへんが痛いですか?という問診から調整するのかと思えば、フィッティングの測定治具を使った頭の再測定から始まりました。

何度か測っていて、測定場所が少し違うことが発覚したようでしたが、ほぼヘルメットの規格サイズ的には合致。

このとき「やっぱりワンサイズ大きい方がいいですね」と言われたらどうしようかとハラハラしてました。

問診で痛いところを告げる

再測定の結果、どのあたりが痛いかの問診があり、痛いところを告げたところ、最終的に頭の上に入れた調整剤を抜くことに。

それがこちら。

頭が痛くなったので再フィッティングしたけど、その差はごくわずか。それでも体感的な違和感は改善した。
再フィッティングしたネオテック2の内装。

え?上の画像と変わった様子ない??

それなら比べた写真がこちら。

三層になっていたのが新しく2層になっただけなので、その差は本当に数ミリといったところ。

それでも被った感触としては、頭と言うよりあご周りとか頬に当たる感じなどが前より向上したように思います。

スポンサーリンク

SHOEIのフィッティングサービスの再調整は遠慮なく申し出よう

どうしても再フィッティングをお願いするのは気が引けるものですけど、移動中は常に頭と接する場所でもありますし、長距離移動中に頭がいたいのは本当に辛いです。

なによりヘルメット自体安いものでもありませんし、違和感を感じたら遠慮なく再フィッティングを申し出ましょう。

きっと快適なツーリングライフを楽しめると思います。

ナップス広島店でヘルメットのフィッティング診断してもらった
ナップスでヘルメットのフィッティングサービスを体験してみました。実際にはワンサイズ小さいくらいがちょうどいいと言われびっくり。
メガネライダーのツーリングにはシステムヘルメットがおすすめ
メガネを掛けているライダーさんの悩みの一つは、ヘルメットをかぶるときにメガネを外すことだと思います。同じくメガネライダーの私が20年近く愛用しているシステムヘルメットの魅力についてご紹介したいと思います。
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました