台風の時ってバイクのカバーは掛けるべき?外すべき?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雨とバイク バイクライフ

現在まさに台風が接近しており、風が時間がたつごとに強くなってきています。

時にドキッとするような強い風が吹いています。

おそらく多くの方が台風接近前に、家の周りのものを片付けたり、しまったりされていると思いますけど、バイクのカバーってどうしてますか?

ツイッターなどを見ても、外す派と掛ける派があるようですが、私は掛ける派です。

スポンサーリンク

雨には有効なバイクカバーも強風には微妙

バイクカバーって雨には有効ですよね、直接濡れることがないですから。

特に電気系統なんかは知らない間に傷んでいきますし、樹脂パーツを紫外線から守ってくれますから、普段の時にはカバー一枚掛けておくことをおすすめします。

ただ風が強いときにはシートに風を巻き込んで、時にはバイクを倒したりすることもあり、台風が過ぎたあとにはバイク転倒のツイートをちらほら見かけます。

風は雨のように実態はありませんが、風が吹き溜まりとなったシートなどは強い力が働きます。

建設現場で足場のシートを外したりするのも、風による足場の倒壊を防ぐためです。

大きな面積で風を受けた時には、200kg近いバイクを簡単に倒してしまうことがあるんですね。

スポンサーリンク

台風の時、バイクカバーにしておくこと

私は台風の時でもバイクにカバーをしておく派です。

そんな私が、台風前に必ずしておく5分でできることをご紹介します。

はと目のバックルを掛ける

大抵のシートカバーには、カバーのバタつき防止などの目的に、ひもやベルトが付いていると思います。

風のないときなどはカバーをかけておくだけでもいいのですが、そうでないときにはやはりバイクの下側でロックをしておく必要があります。

シートカバーのロック用の穴をホイールと縛る

そして重要なのがこちら。

シートカバーにはカバーを貫通してホイールにロックを掛けることができる穴が開いていると思います。

ここを紐で縛っておく。

たったこれだけで風をはらむことがぐっと少なくなります。

こちらは前輪。

ロック用の穴からホイールごと縛ってます。

台風前にバイクカバーを縛る

こちらが後輪。

台風前にバイクカバーを縛る

こちらもホイールごと縛ってます。

出来ればバイク全体を縛ってやったほうが、少しでも風が入るスペースが小さくなるので良いのですが、うちは置いているスペース上風の影響が少ないので、そこまではしてません。

スポンサーリンク

台風の時にバイクにしておく風対策のまとめ

ツイッターで見かけたほかのライダーが台風前後に愛車にしていることをまとめてみました。

参考にしてください

バイクカバー掛ける派、外す派

バイクカバーを掛ける人はやはり縛ってるようですね。

こちらは外す派の意見。

実際にはどちらも正解のような気もするけど、個人的には物が飛んできて擦り傷とかつくのが嫌だから掛けておきたいんですよね。

止めておく場所次第で、建物が風よけに

シートカバー以外にも止めておく場所にも注意が必要。

バイクのサイドスタンドって左側にあるわけですけど、右側からの力には強いですよね。

その一方で左側からの力には支えるものがないので、最悪のケースでは倒れてしまうわけです。

で、よく言われるのが建物の右側、つまりバイクの左側に壁が来るように止めておくという方法。

こちらはバイクの右側に壁が来るように止めてらっしゃるケース。

最悪は地面まで倒れることがないからこれはこれで安心かも。

タイダウンで固定力アップ

これいいなって思ったんですけど、タイダウンというベルト状の荷張り用具を使って、バイクをより強固に固定する方法。

バイク屋さんはロープ1本で上手にトラックに固定して運搬しますけど、やり方がわからに人にはこっちのほうが簡単。

持ち家の方でしたら、ガレージの土間にステンレスのアンカー打ち込んで、必要な時にアイボルトつけて縛っておくとまあ倒れんでしょ・・・

台風後は洗車も

我が家は山間部なので、台風の際に塩水がという可能性は低そうですが、特に沿岸部の方は海水を巻き込んでいることもあるでしょうから、台風一過では洗車もしておきたいですね。

特にバイクのカバーを外す派の人は丁寧に洗車しておきたいところです。

スポンサーリンク

台風養生はルートと立地によって使い分けよう

昔、台風前に良かれと思っておいていた場所では、アパートの2階から網戸が外れて落ちてきて、グラブバーを傷つけられたことがあります。

たまたまアルミのグラブバーだったから、塗膜が少し飛んだ済んだので良かったですけど、あれがタンクに落ちてたらと思うとゾッとします。

台風はルートや止めている場所の立地によっても影響は異なりますから、ご自分が納得できる対策をしておきたいですね。

▽コンテナボックスなら台風の時にも安心かな?

関連バイクの盗難やいたずらが心配ならトランクルームで解決

バイクの盗難やいたずらが心配ならトランクルームで解決
翌朝自分の愛車が盗難されて、なくなっていたなんてことは考えたくありませんよね。トランクルームでしたらセキュリティも高く、風雨からも守ってくれますから、検討してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクライフ
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました