一眼レフの入門機でも十分楽しめたけど、機材もステップアップしたい

一眼レフカメラカメラ
カメラ

今使っている一眼レフ、NIKONのD3000。

当初家電量販店の決算セールか何かで割安で購入して早10年以上。

その当時はまだスマホというものもなく、もっと一眼レフで撮影する予定でした。

その後スマホが出てきて次第に大きな一眼レフは置物と化していたのですが、本格的に撮影を始めたのは2014年。

北海道で撮影した函館の夜景。

そして広大な大地。

これらはスマホで撮影したものですが、この感動を人に伝えたいという思いでカメラをはじめ、そのカメラライフも一段上のステージに上がりたいと思うようになってきました。

スポンサーリンク

道具ではないとは言いつつも、機材によるステップアップは可能

よく道具さえ良ければ…といった嘆きを聞くことがありますけど、実際に道具が良ければうまくなるかというと決してそうも思いません。

なので今ある機材の中で可能なことを色々工夫をして撮影してきたつもりです。

そもそもマニュアル撮影の仕方が分からなかった

せっかく購入した一眼レフでしたけど、そもそも全くカメラの知識もなく、シャッターを切る感触や重量感などが気に入って買ったもの。

なのでマニュアル撮影の仕方って全く知りませんでした。

F値やISO、シャッタースピードがどう作用するものかも知りませんでしたし、ホワイトバランスが何たるかも知りませんでした。

一眼レフのオートモードを抜け出すために意識したこと
私が脱オートモードした時の話を書いています。F値やシャッタースピード、ISOなど分からない言葉の多いカメラの世界ですが、せっかく高価なカメラですから一歩踏み出して撮影してみませんか?

はじめて意識し始めたのはいつだっただろ?

自分が撮影したいものが分かってきた

カメラを始めた頃って、風景を切り取るのがとにかく面白かったです。

割と意味のないものを撮影してみたりしてましたけど、自分が一番最初に撮影して楽しいと思ったのがかずら橋へ行った帰りに水島で撮影した工場の夜景。

工場夜景

配管の無機質な感じとかが気に入って、その後バイクでも撮影に行きました。

#063 大竹の工場夜景のおすすめの人気スポット
大竹の工場夜景の中でも人気のダイセルの工場前。今回もRAW撮影したファイルを現像した写真をご紹介しています。

その後は星空の撮影などにも挑戦しました。

一眼レフの入門機とキットレンズでも星の軌跡を写すことができた
カメラを始めたら一度はあこがれる星空の撮影。一眼レフの入門機についてくるキットレンズでもこれだけの写真を撮ることが出来ました。ぜひご覧ください。

つまり自分にとって一眼レフで撮影したいものは家族でも風景でもなく、暗い場所で撮る無機質なものであるというのが分かりました。

そうなると必要なものって、やはり星空が撮れるようなレンズであったり、高感度でもノイズが出にくいカメラ。

スポンサーリンク

一眼レフの入門機でも十分楽しめたけど、機材もステップアップしたい

そうかといって高価なレンズや一眼レフ本体を買うほどのお金がないのも事実なので出てくる課題がこれ。

  1. 一眼レフにするの?ミラーレスにするの?
  2. この先のNIKONを使うの?
  3. 何から揃えるの?

バイクでツーリング先へも持っていくことを考えると一眼レフよりミラーレスのほうがサイズ的にもいいのは明白。

でも今のキットレンズがあることを考えると、NIKONの一眼レフを使い続けることで本体の買い替えだけで済むかもしれない。

そう考えるとまずはNIKON用のレンズを買えばステップアップしやすい?

最終的にはミラーレスへの移行を考えたほうが答えは早いような気はするんですけど、そうなるとNIKONにこだわる必要はなくなるし、レンズがあまる。

でも今より高感度に対応したカメラだとすぐにレンズは必要なくなるかもしれない。

この辺りが堂々巡りになってしまって、結局前にすすめない。

すでにD3000の液晶画面に不具合が発生しつつあるから、もう少し機材について研究してみる価値はあるのかもしれませんね。

明石海峡大橋の夜景とmy bike ~XJR1200 in awaji~
淡路島で撮影した明石海峡大橋の夜景。対岸の明石の夜景もきれいでした。
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました