一眼レフを持ち始めたことでオタク趣味だと思っていたカメラへの意識が大きく変わった

アイキャッチカメラ
カメラ

今までのコンデジやスマホでは撮れなかった写真が一眼レフでは撮れるようになって、最近すっかり一眼レフカメラの魅力に引き込まれてしまいました。

こういうことを書いてしまうとめちゃめちゃ怒られそうではありますけど、そもそもカメラを趣味で写真を撮っている人というのはオタクで、1人でこそこそと楽しんでいるようなものだと思っていました。

実際私が写真を撮っている姿や、カメラを大事にしている姿というのは他人から見ればやはり同じような光景かもしれませんが、趣味というものは何事も自分がやってみないと、その凄さや楽しさというものは実感できないこととなので仕方がないことかもしれません。

なので実際にカメラを持って撮影する喜びを知った私が、カメラの何に興味を持つようになったのかというのを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

オタクの趣味だと思っていたカメラの世界の魅力に引き込まれた

カメラで景色を切り取ることで非日常の景色を作れる

最初のころは、写真に残したら面白そうなものをいろいろ探してました。

道端に咲いている花だとか飛行機雲、とにかくシャッターを切るのが面白かったという感じもします。

そのうち、被写体との距離や角度を変えて被写体を眺め、写真にして面白そうなアングルというものを探すようになりました。

広大な風景で感動を伝えるというものも写真なら、日常の生活の中にあるものを切り取ることで生まれる感動もあります。

写真というのはお気に入りのアングルで最良の設定でシャッターを押して、そこにあるリアルの風景を切り取るという作業ですが、日々の忙しい生活のなかにある道端の落ち葉なんかにも日常の中の非日常と言うものを見つけるというのも面白いです。

それだけに目の前に広がった景色を、限られた写真のサイズのなかで「どう伝えるか」「どう表現するか」そしてそれも見た人に「興味を持ってもらえるか?」ということを重点に置くと、とても奥の深い趣味です。

そしてそれは無理に遠くに被写体を探しに出かけなくても、身の回りの生活の中に被写体が存在する可能性が高いのです。

これは私がカメラを趣味におすすめする理由の一つでもあります。

カメラは年齢を重ねても楽しめる趣味としておすすめ
バイクなどと違い、カメラという趣味は年齢を重ねても長く楽しめる趣味です。そんなカメラの魅力について書いています。

人の写真の「なぜその一枚だったのか」という隠れた意味に興味をもつ

ネットなどを通して、人が撮影した写真に興味をもつようになりました。

例えば街の夜景であったり、星空の写真、花の写真だったり車やバイクの写真など。

これらを見ていると、自分がどんな写真が好きなのか好みが分かるようになってきます。

おそらくプロのカメラマンでも風景を撮るのが得意なカメラマンや、夜景が得意なカメラマンというのは分かれそうな気がしますが、その中でも私はバイクという最高の被写体を見つけました。

カメラの友は被写体として最高のバイク
バイク乗りなら全員が一度や二度くらいはツーリングの先々で愛車の写真を撮った経験はあると思います。むしろ、素晴らしい景色の中に自分の愛車が入るだけで、その写真は特別な写真になることは多くの人が経験することでしょう。それだけバイクとカメラの相性はいいんです。

自分の好きな被写体が分かると、お気に入りの写真を撮影しようと試行錯誤するようになりますがが、これがまた悩ましくも楽しい作業なのです。

そうすると年末になるとあちこちからもらうカレンダーの写真にも興味を持つようになり「この写真はなぜこのアングルだったのだろう?」「なぜここへ行ったのだろう?」とか考え出すと止まらなくなります。

実際にはたまたまうまく撮れた写真の一枚だったかもしれませんが、カメラに興味をもつまで何も感じる事はなかった自分が、カレンダーの写真1枚にも関心が持つようになったのがとても不思議です。

撮りたい景色がそこにあることが行動力の原点

以前、仕事でお客さんの家へ行く機会がありました。

そこの旦那さんが写真が好きらしく、山にここ数年登ってるって言われてました。

小学校の頃ボーイスカウトに入っていて結構登山とかさせられましたが、登山と言えば苦しいものという思いだったので、わざに苦しい思いをしてまで山なんか登らなくても・・・というのがそのときの心境でしたし、奥さんも呆れ半分でした。

ただ、最近カメラの魅力にはまりまして、ちょこちょこ夜景やらを撮りに行っています。

まだまだカメラを持ち出して日の浅い私は撮ってみたいという好奇心でしかありませんが、やっぱり思うように撮れなければ試行錯誤して撮ってみようと思います。

それが上手なのかどうかはそのうち分かると思いますが、そのために撮りたい写真のイメージし、大きなカメラを片手に行くわけです。

多分、そのお客さんも一緒なんでしょうね。

スポンサーリンク

カメラに限らず知らない趣味の世界は他人からしたらオタクかもね

私はまだまだ撮るのが楽しい、撮ったものがそれっぽく写ってくれていれば楽しいという域に過ぎません。

でも撮影そのものはもちろん、撮りに出かけることをワクワクしたり、思いの外綺麗に写ってテンションがあがったりするのは楽しいです。

スマホでも最近はそれなりに撮れてしまうほど高性能なんですけど、やっぱり一眼レフなどで自分の思うような写真を写すことのほうが楽しいです。

私としても今後はバイクに限らず花の写真を機に、ガーデニングというものに趣味を広げてみようかとも思ったり、恐れ多くも写真販売という世界に足を踏み入れたりしてみようかとしてますけど、どんな趣味も興味がない人からしたら理解されないオタクの世界なのかもしれませんね。

バイクや夜景を撮影していた私ですが最近では花に興味を持ち始めました
紫陽花を撮影してみたら、被写体として興味がなかった花も面白いかも
被写体としてはバイクや夜景といった機械ものを撮影してきたのですが、初めて花という被写体も楽しいと思いました。
こういった趣味という世界は脚を踏み入れた人にしか理解できないものですね
趣味の世界の奥深さは興味ない人には通じないと感じたこと
趣味というのは自分が経験しないとその凄さも楽しさも分からないものだなと改めて感じたので、私自身も他人を傷つけるような一言を言わないように気をつけようと思いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士

フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました