広島から本州最南端の潮岬までは1日で行けるとはいえこの距離

本州最南端を巡る
本州最南端を巡る

山陽道を使って潮岬へのツーリング

今日は高速道路が大半とはいえ、581km

そりゃ600にもかわりはじめてますよ…

スポンサーリンク

本州最南端 潮岬

さて、今日はなんとか目標の潮岬に到達しました。

上の地図を見ていただくとわかるかもしれませんけど、吹田からが意外と長いです。

目測で言うと岡山くらいまで戻るくらいの距離があると思いませんか?

潮岬の石碑

本州最南端潮岬の石碑

本州最南端の石碑

そのあとは名道にも選ばれてる串本大橋へ行きました

ガードマンさんが結構いて、何だろう??って思ってると、撮影中の立て看板。

どうも、スズキのスイフトのcm撮影が行われていたようです。

関連記事:スイフトのCM始まりました(メイキング動画あり)

和歌山の潮岬にあるライダーハウス「キャンプイン潮岬」

潮岬にはライダーハウスがあります。

しかも上の石碑まで歩いていける距離です。

詳しくはこちらで書いてます。≫本州最南端和歌山県の潮岬にあるライダーハウス「キャンプイン潮岬」

 

スポンサーリンク

エルトゥールル号が流れ着いたといわれる大島

潮岬から大島までの地図

正直橋を渡ってすぐに引き返すつもりだったのですが、撮影スタッフに大島について尋ねると、行くべきと言われたので先に進みました。

実はこの先にはトルコのエルトゥールル号が流れ着いたと言われる地があります。

エルトゥールル号遭難事件

テレビでも再々取り上げられることからご存知の方も多いでしょうけど、かなり簡単に端折って紹介しておきます。

1890年9月16日台風によって座礁したエルトゥールル号から助けを求めたトルコ人乗組員を大島村民(現串本町)が救出しました。

その後イランイラク戦争の際、無差別攻撃が行われるイラン上空をトルコ航空がこの時の恩義を返すために日本人の救出に向かったという話は有名ですね。

詳しくはこちらを参照してみてください。≫【日本とトルコの友情】エルトゥールル号遭難事件(外部リンク)

トルコとの密接な関係の町

エルトゥールル通り

残念ながらトルコ記念館は17時回ってたせいで見られず。

エルトゥールル通りにあるトルコ記念館

こんなことがあるから、目的地には3時前後には着きたいんだよなー

仕方なくトルコアイスを食す

トルコアイス

貸し切りでしたけど、行っただけの満足感は得られました

樫野埼灯台

この時点ですでに18時前。

私は夜の運転はしたくないので、暗くなる前に今日の宿へ着きたい派です。

幸い時期に恵まれてるんで、もう少し足を伸ばしてみます。

スポンサーリンク

橋杭

橋杭までの地図

串本町にある橋杭

橋杭です

これが凄いと言うより、自然が造ったものでしょうから、そっちの方が驚きです

温泉からのリラックスタイム

サンゴの湯という温泉に浸かって体をほぐしました

串本町のサンゴの湯

晩はスーパーで弁当を買って帰って休息タイム

あー、疲れた

潮岬で迎えた二日目の朝ですが1日高速を走ったので体が痛い
高速道路で披露した体には、夜寝る前のマッサージやストレッチかおすすめですね
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました