テントを持って出掛けるキャンプツーリングは一度は経験して欲しい

今週末ツーリング行こう^^

私自身、日帰りでいけるところというのは大抵行きつくしてますから、少し足を延ばしたいと思った時にはどうしても宿泊が伴います。

なので、一番困るのが宿泊所です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ツーリングにおすすめの宿泊施設

ツーリングライダーが比較的よく利用する宿に、ライダーハウスやゲストハウスというものがあるかと思います。

また、比較的安価なビジネスホテルなんかを利用されてる人も多いと思いますね。

中国地方のライダーハウス

ライダーハウスとかあると助かるけど、中国四国地方ではやっぱり数は少ないです。

いたせりつくせりのところもあれば、ただ屋根があるとこまで色々です。

その点北海道は数が多いですね。

ライダーハウスを運営されている方、その節はお世話になりました。

ゲストハウス

外国人旅行者などが利用するゲストハウス。

ライダーハウスより高めですけど、寝具なども備えられていてこちらもおすすめですし、何より外国人との会話はなかなか楽しいです。

ビジネスホテル

完全に個室で一番休息という面では優れた施設です。

が安くても5000円くらいの費用が掛るのと、施設自体がそれなりのサイズの街に行かないとないので、いざツーリングに組み込もうとするとルートがある程度確定されるというデメリットがあります。

キャンプ場

それなりに山間部にも点在しています。

無料のところから有料のところまでありますが、一番手っ取り早く、ゲストハウスやライダーハウスの相部屋と違って、寝る時には一人なので気楽は気楽です。

お風呂の問題だったり、食料の問題だったり、天候やテント自体が荷物になるというデメリットがあります。

キャンプツーリングの経験

キャンプ経験されたことありますか?

私はボーイスカウトにいた経験からキャンプというものは昔からなじみがありました。

テントのあの匂い懐かしいです。

九州でのキャンプツーリング

さて私が実際キャンプツーリングをしたのは九州に行ったときに2泊しただけ。

写真はちょっと見えにくいけど、このキャンプ場には多くのツーリングライダーがいました。

ちなみにあの時は借り物のテントでした。

じゃあテントってどんなのえらべばいいんでしょうか?

テントの種類と選び方

本格的にテントを使ってツーリングをするというのであれば、本当にそれなりのテントをもっておいた方が良いと思います。

雨天時の撥水の事や縫製部分からの浸水、風に対する強さ、携帯性など、やはり工夫が施されています。

ただ、雨の日を含め悪天候時のキャンプは絶対にしないと決めている私の場合そこまで必要かというとその必要はないんです。

ポップアップテント

5000円を切る価格ながら、ポップアップのテント。

設営が楽なポップアップテント

背が180あるんで2mサイズを選んでます。

ツーリングだけでなく、家族での利用にも使えそうですね。

ただポップアップテントは設営が簡単な反面、デメリットとしてバイクでは運びにくいかも。

ドームテント

こちらは一般的なドームテントで、価格はさらに安いです。

持ち運びの手軽なドームテント

値段的には捨てて帰っても惜しくないレベル。ただ、雨天時にはフライがない分不安。

2人用のテント

ただ、テントは二人用がいいらしいです。

荷物をテントに入れたりすると、寝るのにも1人用じゃ狭いらしいです。

以前テントを借りた時のは2人用でしたから何とも思わなかったのですが、確かに大きいとは感じませんでした。

まとめ

食事はコンビニもあるし、ペットボトルなんかの携帯用飲料もあるし、コンロとか食器とかそこまで大掛かりのものは今のところ必要としてないけど、上で挙げたようなテントは2回使えば十分元が取れるし、ツーリングの幅がグッと広げてくれそうです。

キャンプ場で焚き火を眺めながらお互いの趣味について語り合う夜というのもなかなかおすすめです。

ぜひ一度キャンプツーリングを経験してみてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする