XJR1200のカスタムもいよいよ終盤、残りのやりたいことリスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
XJR1200をカスタムしているブログカスタム
スポンサーリンク

あくまで個人の好みの問題のレベルですが、XJR1200のカスタムもいよいよ最終段階に入ってきています。

自分がバイクに乗り始めてから、自分の愛車を全塗装するなんてことするとも思ってなかったのに、2回も出来たし、以前から好みだったスーパーバイクタイプのウインカーにも変更出来たし。

何より自分が憧れたこのバイクに乗れているのが一番幸せ。

でもだからこそ人のバイクを見て「あ、これいい」って思ったものをXJR1200にもフィードバックさせたいそんな気になってしまいます。

カスタムなんかしなくたって、メーカーがいろんな検討をした純正のままのバイクが一番バランスがいいっていうのは薄々気付いています。

まあ、それでもカスタム熱っていうのはなかなか覚めるものではなくてですね。

というわけで、私が今の愛車XJR1200にカスタムしたいことの残りをあげてみます。

スポンサーリンク

XJR1200をカスタムしたい残りのリスト

ミラーの交換

今のミラーは純正の角形のミラー。

特に見た目に不満があるわけではないのだけど、このミラーの半分が自分の腕で隠れるんですよね。

それにシートに穴が開きやすいのと、CB1100の丸ミラーが意外と見やすかったんです。

ただ、この尖ったボディーカラーには四角のほうがいいかな?と思ってみたり。

ブリーザーホースの取り付け

オイルフィラーキャップを取り外して、ステンメッシュのブリーザーホースの取り付けがしたいんです。

ブローバイガスがどうたらっていう機能性の面じゃなくて、完全に見た目の問題。

XJR400の時も付けてたんだけど、事故して廃車になるまでの写真がないのが残念・・・。

オイルクーラーホースのサイド回し

せっかくオイルクーラーを変えたのだからオイルクーラーの配管をサイド回しにすればよかったとちょっと後悔してます。

サイド回しにすると右側からの見た目が一気にカスタムしてますっていう雰囲気になって好きなんです。

でもよく考えたら、オイルクーラーで容量が増えた分多めにオイルを入れないとオイルランプが点灯するんだから、配管が長くなればなるだけオイルランプが点灯する可能性が高くなるかも

XJRのメーターにあるオイルの警告灯が点灯するのってヤバい?
ここ広島は明日には台風が接近し、バイクにも乗れなくなるので、わずかな時間を使ってひとっ走り・・・と思いきや、自宅を出てまもなくXJRのタコメーターの中にあるオイルの警告灯が点灯してしまいました。 以前、ツーリングに行った帰りの高速道路~続きを読む~

他にもブリーザーホースを付けて、さらにオイルクーラーのホースをサイド回しにするとくどいかな?

まあブリーザーホース付けるくらいのほうが安上がりかなぁ。

ヘッドライトのマルチリフレクター化

これ、以前にもブログで書いてたんですけど、ヘッドライトのマルチリフレクター化。

XJR1200のヘッドライトを交換してマルチリフレクター化したいけど出来ない3つの理由
XJR1200や1300の関連のブログを読み漁っても、なかなかマルチリフレクター化された記事も見つかりません。他車種パーツを流用することでカスタムできるのは知ってるのですけど、結局私自身のカスタムも止まっています。

ツイッターでマルチリフレクター化したXJR400を見かけました。

やっぱりかっこよかったんです。

ヘッドライトカバーも割れてるから、交換したいなぁ

軽量ホイールへの交換

手入れは大変そうだけど、このボディーカラーに白のホイールとか、メッキのホイールとか履かせてみたい・・・

車でも軽量ホイールに変えると動力性能が向上すると言われるほど、バネ下重量を軽くするのは効果が高いものだそうです。

どれくらい効果があるかというと「バネ下重量を1kg軽量化すると、バネ上重量を3kg軽くするのと同じくらいの効果がある」と言われています。

軽くするだけなら、2003年以降の1300のホイールに変更するだけでも前後で4kg軽量化することができるのですが、ポン付けできそうにないのが残念です。

XJR1200にXJR1300('03)の純正ホイールの流用が可能か?
2003年から軽量化されたXJR1300の純正ホイールがXJR1200に流用可能か調べてみました。純正ホイールの重量もあわせて比較しています。

スケルトンクランクケース

私も以前気になって調べた時、廃盤になってたようだけど、再販されたのか自分の調べ方がおかしかったのか、現在でも手に入るみたいです。

ただ、なかなか手が出る価格じゃないのがね…

しかもアルミ削り出し?なのかエンジンが黒のXJR1200には、ちょっとクランクケースだけ浮きそうだしなぁ。

まとめ

所帯持ちの私が小遣いの範囲で楽しめるカスタムというのは、ミラーの交換とブリーザーホースの交換ぐらいでしょうかね。

どこまでいってもカスタムなんて言うのは自分の自己満足の世界でしかないわけですし、 ホイールやスケルトンクランクケースなんかを交換するお金があるんなら、北海道まで飛びたい気分です。

バイクをカスタムして乗ることについて
皆さんはご自分の車やバイクに対して、カスタムを加えてらっしゃるでしょうか? 自分の愛車が自分色に染まるカスタムというものに精を出される方がいらっしゃる一方で、メーカーが作った最高品質のもののバランスを崩すことを嫌う方もいらっしゃるよう~続きを読む~

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
カスタム
スポンサーリンク
フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました