バイク熱が冷めてXJR1200を手放そうとした時の話

バイクライフ
バイクライフ

今ではすっかり生活の一部に入り込んだXJR1200なんですけど、実は過去に手放そうとしたことは何度かありました。

実際に結婚して子どもが生まれて乗る機会というのも減ったし、お金もかかるしマシンセッティングもあってないから乗っても面白くないという状況のもと、当分放置された愛車も見るに見かねてました。

妻と庭の片付けをしていたときに、当分乗ってないね?いつ乗るの?と言われたことをきっかけに売ろうと思いました。

ま、結果としては売らなくて、そしてそれまで以上に乗る機会ができたんですけど、その時の話を少し書いてみます。

スポンサーリンク

大型バイクを手放そうとしたきっかけ

マシンセッティングがあってないから乗ってて面白くない

バイクを手放そうとしたのは今から10年近く前の話。

実はその頃のXJR1200はフルパワー化したもののセッティングが合ってなくて、加速すると吹けなくなる症状に悩まされてました。

それはまるでガス欠になったときの、アクセルをあけても回らないような状態。

結果的に、そのときにお世話になってたバイク屋さんがパーツをポン付けしただけで、周辺のセッティング変更をしてなかっただけということだったのですけど、そんな状態のバイクだったので乗りたいと思うこともなくなったのです。

子どもが小さいうちは休みも自分の時間はない

どのご家庭でもそうなんですけど、子どもが小さいうちって自分の時間は皆無です。

ほとんどが親としての子どもの世話や家族との時間に消えますので、それこそバイクに乗る時間はまったくなかったのです。

もちろん万が一という心配もありましたので、次第にバイクに乗ることを遠慮するように。

軽自動車に変えようとした

そうかと言って一度手放すと再度取得するのは難しい。

その条件のもと妻に提案したのは、軽自動車に変えようかなということ。

そうして車種の条件にあげたのは、カプチーノやコペンといった軽スポーツの車種。

これらの車であればヘルメットなどなしに子どもも乗せられるし、そうかと言ってそれなりに運転も楽しめる。

趣味と実用性を十分兼ねられると思いました。

乗らないから余計に乗らない

バイクが面白いものだとも思わなくなりますし、この悪循環に陥ると本当に乗りません。

もちろんタイヤも傷んでくるしオイルも交換せずに放置、あちこちサビなども出てきてメンテナンスにお金がかかるようになると金銭的な負担ばかりがのしかかります。

そうなると妻からはバイクが邪魔と扱われ、維持することも気がひけるように。

スポンサーリンク

手放そうとしたバイクに乗るようになったきっかけ

北海道へのツーリング

北海道ツーリング

そういう状態にあったバイクにまた乗るようになったきっかけと言うのは北海道へのツーリング。

初めて走る北海道は、バイクに乗るというのは面白いことだと言うことを思い出させてくれました。

残念なことに天気に恵まれたということは少なかったんですけど、1週間以上の時間を掛けて回った北海道の走行距離は鹿児島から函館駅よりも長い距離

めちゃめちゃ楽しかったです。

乗るより楽しむ感覚を思い出した

この北海道のツーリング中、いろんな場所でバイクの写真を撮ったり、初めて見る景色を楽しんだり、時には牧場近くでそこはかとない匂いを感じたりすることで、バイクは移動するものではなく楽しむものだというのを再認識した気がします。

帰ってきてからはバイクを磨いて綺麗にしたり、新しくはじめた趣味のカメラの被写体としてバイクを撮影してみたり、もちろん新しい場所を目指して走ってみたりすることで、バイクって楽しいなと言うのを思い出しました。

今は「バイクに乗るも楽しいけど、一緒にある生活そのものが面白いな、楽しいなという感覚」に近いです。

スポンサーリンク

バイク熱が冷めたら大きなきっかけがないと難しいかも

バイクにまた乗り出したきっかけのひとつに、今の色に全塗装したことも大きなきっかけなんですけど、あのツーリングがなかったらバイクを全塗装するという発想もわかなかったと思うし、改めてあの北海道のツーリングと言うのは大きな転機になったと思ってます。

でもなかなかそういう大きなきっかけというものに恵まれることは少ないと思いますし、あのときバイクをおりるという選択もありだったかもしれません。

そうかといってバイク熱が冷めたからバイクに乗りたいなぁっていう感情がなくなるのかといえばそうも思えないです。

そんなときにはレンタルバイクというサービスもあるわけだし、「所有しないバイクライフ」というのはあったかもしれませんね。

バイクは所有するのかレンタルするのかで楽しみ方が違う
何かと維持費の掛るバイクですが、なにも自分でバイクを保有しなくてもバイクライフを楽しむことは出来ると思いませんか?人それぞれ違ったバイクライフを楽しみませんか?
バイクを降りることなく人生を楽しむ!ライダーであり続けられる幸せ
事故や盗難、仕事や家庭、いろんな事情でバイクを降りていった仲間達。それでも自分は不自由この上ないバイクが大好きです。そして、今もライダーでいられ続けるこの環境に感謝しつつ、これからも人生の相棒としてXJRを大切にしたいと思います。
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました