取り外したバイクのバッテリーの保管方法

メンテナンス

 

冬にバイクに乗らないという人は思いのほか多い様でして、バイクの冬眠方法について相談を受ける機会が立て続きました。

そんな話の中で、「え?バッテリーって外すべき?」「どうやって置いておけばいいの?」なんていう相談を受けたのでバッテリーの保管方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

本当にバイクのバッテリーを取り外す必要があるのか?

冬季のバイクの保管のために取り外されたバッテリー

一般的にバッテリーというのは高温下では自然放電が進みやすく、低温化では自然放電量が少なくなるといわれています。

これは電解液が高くなると化学反応が活発になるためだそうです。

電池工業会のHPでもこのように紹介されています。

化学電池は使わなくても中で少しずつ化学反応が起こり、電気が減っていきます。これを「自己放電」といいます。温度・湿度が高いほど自己放電は大きくなるので、温度が低く、湿気の少ない場所に電池を保管してください。

ただし、冷蔵庫に保管すると、取り出した時に電池につゆ(水分)がつきやすく、その水分で電池の表面がさびることがあり、おすすめできません。

引用:電池工業会

なので、厳密に言うとターミナルさえ取り外しておけば、無理に取り外す必要はないのではないか?という話にもなるのですが、長期間乗らないバイクのバッテリーに対して日中の気温差や湿気、ホコリなどの外的要因を考えると、取り外して室内で保存するというのがベターであると考えます。

ただバッテリーを取り外すと、バッテリーをつないがないと乗れないので、「冬でもたまには乗りたいよ」と言う人はそのままでもいいと思います。

ちなみにバッテリーメーカーのGSユアサのスタッフもバッテリーの長持ちのコツとして室内保管を推奨していますので、こちらもあせて参考にしてみてください

日頃のメンテナンスについて|株式会社ジーエス・ユアサ バッテリー
バイク用バッテリーの知識を得ていただけます。

バイクのバッテリーの保管方法

冬季のバイクの保管のために取り外されたバッテリー

バッテリー液を補充しておく

XJRを含め、私の知っている世代のバイクはMFバッテリーでメンテナンスフリーのものが大半だと思いますので、必要はありません。

もしもバッテリー液を補充するタイプのバッテリーの場合には、バッテリー液を補充しておきましょう。

充電してから保存する

大抵、私は走り納めでしっかり走ってから冬眠させることが多いので、さほど意識したことはありませんが、充電不足のままではバッテリーの寿命を縮めます。

せっかく取り外すのでしたら充電してから保管しましょう。

当然ですがプラスマイナスは確認してから充電してください。
私は以前、バッテリー上がりでブースターケーブル使って直結したところ、逆につないで大変なことになった経験があります。

このトリクル充電器はそんなケアレスミスの逆接続保護機能も付いており、安心してお使いいただけると思います。

ほこりが被らないように室内で保管する

私は玄関のシューズクロークで保管しています。

結構子供がおもちゃを出したりして、クチャクチャになるのですがホコリが被らないように箱をかぶせて保管をしています。

当然、まっすぐ保管しておくことは言うまでもありません。

横にしたりして、液漏れなんか起こしても大変ですからね。

 まとめ

バッテリーの理想の保管状況というのは、なるべく新品に近い状態に戻してやって保管しておいた方が長持ちします。

一度上がってしまうと、なかなか大きな出費に繋がりますし、出先でエンジンが掛らなくなったというようなことのないように保管しましょう。

バイクを冬季保管する人に最低限おすすめする30分で出来る4つ方法
冬のバイクの長期保管は面倒で手間が掛ると思ってませんか?実際の作業時間はさほど掛かりませんから、冬に乗る予定のない人はより良い状態で保管出来るように実践しておきましょう。