「そろそろバイクは辞めろ」と言われる話

最近知り合いから再々言われる

「taroちゃん、そろそろバイク降りたら?」

いらん世話じゃ・・・って思う反面、心配してくれるんでしょうけど。

正直難しい判断。

バイクに乗った経験のある人じゃないとわからないあの楽しさ。

しかも、結構どっぷりと経験してしまった。

かといって、事故をしたことが無いわけじゃない。

一番最初に乗ったXJR400

バイク事故の体験談!XJR400衝撃の廃車写真
4月になって新しく免許を取った人も、若葉マークが取れた人も、ベテランの人もいつもついて回るのが事故。 私が一番最初に乗ってたXJR40...

バイクは一発廃車で結構悲惨な事故だったけど、本人は至って元気だった。

全身打ち身で翌日は寝てたけど。

長くなるんで割愛するけど、オカマほったこともあるし、鹿をはねたこともある。

そうそう、○帽の軽トラに巻き込まれたこともある。

だから、バイクに乗る前の日とかは結構恐怖心がある。

でも、最近は慣れてきたのかその恐怖心が薄れてきた気がする。

もちろん安全運転するつもりだけど、前の車に引っ張られてついついスピードが出てたりとか。≫スピードの向こう側なんてない!スピードは中毒性の高い危険な運転

ついつい警戒心がマヒしがち。

結局最後のリミッターは人の経験に基づく「恐怖心」だと思うんで、改めて事故の経験なんかを思い出しながら愛車たちと2輪生活を楽しみたいと思う。

未だかつて、他との接触事故を含めて地面に寝かしてないのは今のXJR1200、FORZAだけだったりする。

この先も心に余裕を持った運転をしたいものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. めん より:

    んー、正に自分も同じ…(-_-)
    何気にいつもリスクを脳裏に置きながら走ってるのも事実。その分、お互いに安全に楽しくいつまでもと。

  2. たろう より:

    >めんさん
    加齢と共に判断力も鈍ったりしてくるんでしょうね~。
    体力的にもいつかは降りるときが来ると思います。