コロナウィルスの影響を受けているバイクイベント

バイクライフ
バイクライフ

まもなくやってくる8月19日、語呂合わせてバイクの日。

あれ?なんか毎年この時期にイベントがあったよなぁ??とふと自分のブログを読み返してみると・・・

あったじゃないですか、隼駅まつりが。

隼駅まつりというのは、実在する隼駅に隼乗りたちが聖地巡礼として集まりだしたことから始まり、以前は隼→はやぶさ→8823となり8月8日に集まりだしたことが発端だそう。

今ではスズキの隼に限らず、多くのバイク乗りが集まってきているイベントです。

スポンサーリンク

コロナウィルスの影響を受けているバイクイベント

第12回隼駅まつりは中止

今年順当に開催されれば、12回目の隼駅まつりになる予定でした。

昨年は2300台ものバイクを集めるほどの一大イベントとなっているだけに致し方ないところでしょうか?

しかし今年は隼駅90周年、スズキ株式会社も100周年(スズキ100周年記念サイト)というメモリアルイヤーだっただけに、スタッフのかたも残念だったのではないでしょうか。

隼駅近くにあるゲストハウス「BASE8823」鳥取へお越しの際はぜひ
また行きたい!隼駅のそばにある「BASE8823」に泊まってきた
バイク「隼」乗りの聖地と言われる、鳥取若桜鉄道の隼駅。ほどなくのところにあるライダーハウスBASE8823に泊まってきました。とても満足しましたので、ぜひまた行きたいと思います。

北海道のホクレンフラッグも2020年は中止

毎年ホッカイダーたちに絶大な人気を誇る、北海道のガソリンスタンド「ホクレン」で行われるキャンペーンも今年は中止になっています。

北海道のガソリンスタンドで「ホクレンフラッグ」を手に入れよう
北海道ツーリングの違った楽しみの一つがこのホクレンフラッグです。地域によって色が違い全4色ありますので、ぜひ集めてみてください。きっと思い出のアイテムになってくれるはずです。

SSTR2020は延期中、しかし中止もやむなしか?

以前このブログでもご紹介したSSTR2020というバイクイベント

日の出とともに出発し、日没までに石川県の千里浜なぎさドライブウェイに到着するというもの。

当初は5月23日24日の2日にかけて決行するとしていたこのイベントですが、コロナウィルスの感染者拡大を背景とした、県をまたぐ移動の自粛などにより4月10日に10月24日25日への延期を発表しています。

ただそれ以降感染者は収束しつつあったものの、現在は再び感染者もきていることから、運営サイドも難しい判断を迫られつつあります。

こちらはSSTR運営のフェイスブックへの投稿です。

SSTRに参加予定の皆さんへ皆さん、こんにちは。去る4月10日の「SSTR開催延期決定」から、およそ4か月が経とうとしております。その後、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?さて、その後の新型コロナウィルスの状況ですが、ご承知の…

SSTR サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリーさんの投稿 2020年8月5日水曜日

現在会場となる千里浜なぎさドライブウェイ周辺の自治体や会場内でのソーシャルディスタンスの方法などを調整中のようです。

また中止は最悪のケースとしながらも、そのときには以下のような方法を考えているようです。

・SSTRの開催期日をオープン制とし、開催期間を、10月24日~翌年3月末までとする。

・その間、皆さんそれぞれの日程で「My SSTR」を実施していただく。

・期間中は、SSTRシステムをオープンさせ、通常のSSTR同様、スタート・立ち寄り地点・ゴール登録を可能とする(期間中1回のみ)

・日程以外のルールは、SSTRそのものとし、定められたレギュレーションを満たす「ゴール」と「完走」を目指していただく。

https://sstr.jp/2020/08/06/sstr%e3%81%ab%e5%8f%82%e5%8a%a0%e4%ba%88%e5%ae%9a%e3%81%ae%e7%9a%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b8/

こういったケースになる場合にも、その準備のためには9月前には決断が必要とのことで、8月中には方針が出そうです。

重要9月4日に最終のイベント内容が決定しました。こちらの公式ページを参照して下さい。

スポンサーリンク

イベントでいろんなライダーと知り合いたい

社会人になると仕事の都合とか家族の都合あってなかなかこういったイベントに参加するという機会には恵まれにくいものです。

でもイベントで他の地域のライダーと知り合い、また違うイベントで会うというのもこういったものへの参加の楽しみも一つではないでしょうか。

40代になるとすでにバイクを降りている者、逆にリターンライダーとして復活している者もいますけど、同じ趣味を持つ者同士の交流の場にいつか参加してみたいと想います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました