カメラのレンズのクリーニングをはじめてやってみた

一眼レフとクリーニングキットカメラ
カメラ

一眼レフカメラを手にしてから早10年以上。

本格的にカメラというものにハマり始めてから8年。

そして、カメラのお手入れ歴・・・0年。

めったにカメラを持って歩くことも少ないもんだから、ついつい先延ばししていたレンズの手入れ。

先日、某家電屋さんに行ったらワゴンセールでカメラのクリーニングキットが売ってたので、思いついて購入しました。

そしてとうとう、これまで気になってたけどやってなかったレンズのお手入れというやつを、初めてしてみました。

スポンサーリンク

カメラレンズのクリーニングの仕方

Youtubeなんかにはプロアマ問わず多くのレンズのクリーニングの仕方が紹介されています。

でもまずは公式を・・・ということで検索したら、キヤノンとニコンの公式チャンネルがレンズの手入れについて動画をアップしてあったので紹介します。

どちらもクリーニングの仕方が違うので、参考になるのではないかと思います。

CANON公式のレンズの手入れ方法

NIKON公式のレンズの手入れ方法

公式チャンネルでも紹介する手入れの方法は違う

見ていただけました?

こうして見比べると、手入れの前のレンズの状態の前提が違うのかもしれませんが、国内カメラの二大メーカーのキヤノンとニコンでもクリーニングの紹介方法が違うのがわかりますよね。

なので、いろんなプロカメラマンなんかが紹介してるのも一度見てみると、また違った視点で紹介されてるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

カメラをクリーニングしてみる

レンズやフィルター類をクリーニング

さてこれを参考にして、まずはカメラレンズ類のクリーニングをしてみました。

特に汚れの酷かったのはこちらのワイコン

ワイコンのレンズについた汚れをクリーニングする

ブロアで軽くほこりを飛ばして、クリーニング液をつけて拭いてみましたが、ちょっとやそっとじゃ落ちない。

実はレンズの内側が汚れているんじゃないかと疑いたくなるくらい落ちない。

それもそのはず。

このワイコンで被写体を接写したりしてるので、レンズが被写体に触れて手の脂以上にしつこい汚れがついている可能性が高いのです。

ヤケになりそうな気持ちを抑えて、これまでの8年の汚れを無事落としました。

クリーニングが終わってレンズが綺麗になったワイコン

ファインダーの中に入ったものは取れなかった

こちらは一眼レフのD3000のファインダーをのぞいたところ。

D3000のファインダーの中

左の方にわずかに虫(ダニ)?っぽいものが入ってるのが見えますか?

これは以前山口のキャンプ場に行った時に入ったもので、カメラ屋さんにも相談したけど、治すならメーカーに送らないといけないと思うと言われたもの。

写真には写ってないからセンサーについたものじゃないと思うよ。

とはいえ、ダメ元で本体の中の掃除も。

まずクリーニングに邪魔になるこの斜めの反射板を開けます。

一眼レフの本体をクリーニングする

そして出てきたイメージセンサー。

一眼レフのセンサーをクリーニングする

ブロアで吹いてみたものの、やっぱり取れず、改めて諦めることにしました。

スポンサーリンク

カメラの手入れも楽しめるようになりたい

その他に手入れしたのはこちら。

クリーニングが終わったカメラのレンズ

ミラーレスZ5や一眼レフD3000はもちろん、フィルター類やアクションカメラもついでに綺麗にしておきました。

レンズを綺麗にしたところでカメラのセンスが上がるわけではないけど、道具を大切にするということや、手入れを楽しむというところはギターなんかの楽器にも通じるところがあるのかもしれないなと思いました。関連ギターは弾くだけじゃなく、弦の交換も楽しみの一つ

スポンサーリンク
フォローする
更新情報はこちらから確認できます。

▽ブログ村で読者登録する
バイクのある生活 - にほんブログ村
▽ツイッターをフォローする

ブログランキングに参加しています。

応援していただけると喜びます

にほんブログ村

プロフィール
この記事を書いた人
taro

気付けば40代中盤に差し掛かり、25年を越えたバイクライフや趣味の楽器やDIYに関した記事を投稿しています。
保有資格:原付 普通自動車 普通二輪 大型二輪 2級建築士 第2種電気工事士 1級建築/土木施工管理技士 2級FP 宅建士

フォローする
バイクのある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました