バイクのある生活を四半世紀も送ってきた「バイクライフ」を振り返える

バイクライフ

記念すべき1,000記事目にふさわしい記念すべき記事を考えていました。

いろいろと試行錯誤の結果、このブログにこれ以上のネタはないと思いましたので改めてバイクライフを振り返ってみました。

(この記事は以前seesaaブログにて公開したものを加筆修正したものです。≫ブログをseesaaからwordpressに移転させました)

 

スポンサーリンク

バイクライフとの出会い

初めてバイクに運転という意味で乗ったのは高校卒業間もないころでした。

アクセル一つで向かい風も関係なく進むスクーターにはまってしまいました。

その当時自転車しか移動手段のなかった私にしてみると、劇的な出会いだったことを覚えています。

その後友人がNS-1を購入して乗らせてもらったところ、すぐにミッションバイクのとりこになっていました。

愛車XJR400との出会い

バイク人口が減ったと言われますが、それでもまだ多くのライダーさんは存在するもでして、今跨ってる愛車には何かしらの愛着を持っていると思います。

私とXJRとの出会いは93年の6月ごろだったと思います。当時はまだバイクより車のほうが興味があり、92のレビンとか欲しかった覚えがあります。

バイクには大学時代の友人の思いをいろいろ聞かせてもらって影響を受けました。で、ある日バイク屋めぐりと称し、その友人とバイク屋さんへ。

その頃の候補としてはZXRとかFZRとかレプリカだったのですけど、その店で見たのが当時発売されたばかりのXJR400でした。

多分この一瞬の出来事がなければこの後のバイクライフはなかったとも断言できる出来事でした。

真っ黒のボディーにゴールドのサイドカバー。

とてもかっこよく見えましたし、今でもかっこいいなと思います。

後に一目惚れで手にすることになります。

新車で購入して始ったバイクライフ

事故

とうとうやってしまいました。単独事故です。

事故で廃車になったXJR400

夜、バイクを引き上げてもらい、翌日そのバイクを見て愕然。≫バイク事故の体験談!XJR400衝撃の廃車写真

一発廃車でした。

突然愛車を廃車にしたことで、今まで手にしていたバイクライフが憧れの存在へと変わってしまいました。

バイクを無くした私が当時ハマったバイク漫画が「バリバリ伝説」でした。

主人公グンのCB750Fと秀吉の乗ってたカタナが峠の走り屋からレーサーにのし上がっていく漫画なんですけど、秀吉に影響されて後にカタナ400に跨るようになります。

カタナ

水冷ながらダミーフィンの綺麗なスズキGSX400Sカタナ

このカタナは今でもカッコいいと思います。独特すぎるのかも知れませんが、スズキはスズ菌とか弄られますね・・・。

私は何とも思いませんけど。≫愛車歴~GSX400S katana~

当時インパルスに同じエンジンが積まれてました。

元々のエンジンはGSX400Rか何かのエンジンだから比較的回るというイメージを持ってましたけど、ちょっと古い記憶なので間違ってるかも知れません。

水冷エンジンなんだけど、ダミーフィンがそれなりに綺麗で気にいってました。

また、250と400の違いとしてホイールが750、1100と同じ星型か3本スポークかという外観上の違いがあります。

この頃になると、友人たちも次第に事故で潰したり、盗難に遭うなどして次第にバイク熱も冷めていきました。≫危険な夜間走行によるバイク事故!左折車に突っ込んだ話

ちなみにこの写真は売却の当日の写真です。

2台目のXJR400

就職してしばらくして自分の車を手放したりして楽しみというものがなくなった頃、幸いにしてバイクに乗れる事になりました。

その当時のことはあまり覚えてませんけど、やっぱり1台目をクチャクチャにしてしまった心残りからXJRしか選択肢はなかった気がします。

職場近くのバイク屋でモリワキのマフラー「ZERO」が入ったXJRと出会い購入しました。≫愛車歴~XJR400R~

約2年ぶりの愛車なのですが、正直このバイクに関してはあまり思い入れがない気がします。

でも、このバイクがなければ今の大型二輪の免許は取得したなかったという私のバイクライフの運命を分ける1台となりました。

そうそう、このバイクのエピソードは、朝起きたらバイクのシートがめくれてたので直そうとしたら、メーター一式ごっそり盗まれてて愕然としました。

そんなとき、この保険に入っていたら修理費が出たかも知れませんね。≫ どこで買ったバイクでも盗難保険とロードサービスに加入できる

大型二輪免許の取得

大型二輪免許の取得のきっかけになったというのは、車屋さんに出入りしてた頃大学生が中型バイクの免許を取りに行くという話に、「たろうさんも一緒に行きましょう」と誘ってもらったことがきっかけです。

大学生は早々に中型を取得しましたけど、私は仕事終わりに通ってたため、もう少し時間が掛りました。

その後私の400が彼の元に行き、私はそのお金を足しにして1200を購入するに至ります。

XJR1200

いよいよ今の愛車の話です。≫愛車のバイク紹介~XJR1200&400~

実は、以前もツイッターでつぶやいた事あるんですけど、XJR1200を買わなければ間違いなくGPZ900Rを買ってたくらい悩みました。≫GPZ900Rは何であんなに魅力的なんだろう?

ただ、最終的には一度はリッターオーバーのバイクに乗ってみたいと思ったことや、若いころ描いた憧れを現実にするのも悪くないかと思いXJR1200にしました。

当時はすでに1300も出てたんですけど、後ろ姿とかが1200の方が好きですね。≫XJR1200乗りの私がXJRの好きなところを語る

二度目のバイクライフ

XJR1200になってからのバイクライフに関してはこのブログでも紹介している通り、九州へ行ったり、XJRではないですけど北海道へ行ったりと、充実したバイクライフを満喫しています。

バイクライフに信頼できるバイク屋さんとの出会いは大事

今お世話になってるバイク屋さんの店長さんは私とほぼ同い年なのですが、大きなバイク屋さんにいた経験もありますし、歳が近いこともあって話しやすいです。

何よりフルパワーキットを組んだ私のバイクを色々調べてくれて完全に復活させてくれた人なので信頼してます。

まあそれ以前の問題として、元のバイク屋がパーツをポン付けだったという事実を知った時には愕然としましたけど。≫XJR1200のフルパワー化という魅惑の言葉

今後のバイクライフ

今後もたわいのない記事を更新していくことでしょうけど、すべてのライダーのバイクライフが良いものでありますように^^

人生をバイクで楽しむ!ライダーであり続けられるのは幸せなことです

バイクはお金が掛る、危ないと言われてもバイクに乗り続ける理由

コメント